2013年の新社会人「将来に希望もてる」2割にとどまる…リクルート調査

 リクルートマネジメントソリューションズは3月12日、「新人・若手の意識に関する調査」を発表。将来の見通しは明るく希望がもてると回答した新人は2割にとどまり、管理職志向がある新人は2010年の調査より1割ほど減少した。

生活・健康 その他
働くうえであなたの将来の見通しは明るく希望がもてると思いますか
  • 働くうえであなたの将来の見通しは明るく希望がもてると思いますか
  • 海外志向について
  • 管理職志向について
  • 年功による昇格・昇給について
 リクルートマネジメントソリューションズは3月12日、「新人・若手の意識に関する調査」を発表。将来の見通しは明るく希望がもてると回答した新人は2割にとどまり、管理職志向がある新人は2010年の調査より1割ほど減少した。

 同調査は2013年11月に、インターネット調査で実施。調査対象は従業員500名以上の企業に所属する、最終学歴大卒以上のホワイトカラー総合職に従事する会社員で、入社一年目の社員400名。また、同様の調査が行われた2010年度の調査と今回の調査の結果を比較した。

 働くうえで将来の見通しは明るく希望がもてるかという質問でもっとも多かったのは「どちらかといえばそう思う」の44.0%、次いで「どちらかといえばそう思わない」の25.3%が続いた。一方で、「とてもそう思う」「そう思う」と回答したのはあわせて21.6%で、前回調査の29.6%より8ポイント減となった。

 海外志向に関する質問で、29.8%が海外で「ぜひ働きたい」「働きたい」と回答、前回調査の39.6%より9.8ポイント減となった。このうち約6割が、海外で働く期間について「期間の制限なく」「5年ぐらいであれば」と長期赴任を希望する傾向にあった。

 管理職志向に関する質問では、45.0%が管理職に「なりたい」「どちらかといえばなりたい」と回答、前回調査の55.8%より10.8ポイント減となった。管理職になりたい理由をみると、「自分が成長できるから」(46.7%)「多くの報酬がもらえるから」(40.0%)「責任範囲や扱う金額の大きな仕事にチャレンジすることができるから」(33.9%)が上位となった。

 年功による昇格・昇給に関する質問では、「年齢や勤続年数に応じて平等なのがよい」40.5%に対して、「実力や成果に応じて個人差があるのがよい」59.5%となった。前回調査より「実力や成果に応じて個人差があるのがよい」との回答が4.7ポイントの微増。「年齢や勤続年数に応じて平等なのがよい」を選択した回答者に理由を聞くと、「ストレスやプレッシャーがかからないから」という回答がもっとも多く、次いで「人生設計が立てやすいから」「人と競争するのがいやだから」が続いた。
《黄金崎綾乃》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top