福本伸行氏のオリジナル短編マンガで合法ハーブ乱用防止をPR

 内閣府政府広報は3月17日、「合法ハーブ」等と称して販売される薬物について、乱用の防止につなげることを目的に、有害性について周知するキャンペーンを開始した。

生活・健康 健康
雑誌での広報イメージ(4色1頁)
  • 雑誌での広報イメージ(4色1頁)
  • 新聞での広報イメージ(モノクロ記事下全5段)
  • オリジナル啓発マンガも公開
  • 政府広報オンラインの特集ページ
 内閣府政府広報は3月17日、「合法ハーブ」等と称して販売される薬物について、乱用の防止につなげることを目的に、有害性について周知するキャンペーンを開始した。

 近年、ハーブやアロマオイル、バスソルト、ビデオクリーナーなどと称して、麻薬・覚醒剤以上に有害となり得る薬物が、店舗やインターネットなどを通して販売されている。またそれらを入手・使用して健康被害を受ける、二次犯罪を引き起こすといった事件が起きている。

 今回のキャンペーンは、内閣府政府広報、警察庁、消費者庁、財務省、文部科学省、厚生労働省などが、薬物乱用防止広報を行うもので、『カイジ』『アカギ』などで知られるマンガ家・福本伸行氏が描き起こしたオリジナルイラストを使用。新聞や雑誌で広報を展開する。

 あわせて、政府広報サイト「あしたの暮らしをわかりやすく~政府広報オンライン」上で、合法ハーブに安易に手を出して苦しむ若者の姿を描いた福本氏のオリジナル短編マンガ(8ページ)を掲載する。

政府広報サイト、福本伸行氏のオリジナル短編マンガを公開……合法ハーブ乱用防止をPR

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)