東京都が中小企業とのマッチングを促進…マイナビに特設ページ6/2オープン

 東京都は4月10日、民間の就職情報サイトと連携して「若者就活応援プロジェクト」を実施すると発表した。若者と中小企業との効果的なマッチングを促進することが目的。また、プロジェクトへの参加企業を100社程度募集している。

生活・健康 その他
「TOKYO JOB ORE!」パンフレット
  • 「TOKYO JOB ORE!」パンフレット
  • トップページのイメージ
  • 企業ページのイメージ
 東京都は4月10日、民間の就職情報サイトと連携して「若者就活応援プロジェクト」を実施すると発表した。若者と中小企業との効果的なマッチングを促進することが目的。また、プロジェクトへの参加企業を100社程度募集している。

 同プロジェクトでは、就職情報サイト「マイナビ2015」に東京都の特設ページ「TOKYO JOB ORE!」を開設し、雇用環境の整備に積極的であるなど一定の要件を満たす中小企業の求人情報などを掲載する。そのほか、中小企業などへの理解を促進するイベント「しごと発見カレッジ」や、特設ページ掲載企業が参加する合同就職説明会「TOKYO JOB ORE!FESTA」などを開催し、中小企業への就職を支援していく。

 対象求職者層は2015年3月新卒者、または既卒者、第2新卒を含む20代の求職者。募集対象となっている企業は、ワークライフバランスの推進や従業員へのサポートの充実などに積極的に取り組む、従業員300名以下の都内に本社または事業所を置く中小企業。プロジェクトの中で、参加企業に対する採用力強化研修、内定者向けの研修なども行うという。

 特設ページの公開は6月2日(月)、「しごと発見カレッジ」「TOKYO JOB ORE!FESTA」の開催は8月、10月を予定している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)