メルセデスベンツ、日本の高速道路で自動運転車の走行実験

生活・健康 交通・クルマ

メルセデスベンツ 自動運転説明会
  • メルセデスベンツ 自動運転説明会
  • 独ダイムラー社 ラルフ・ヘアトヴィッヒ氏
  • メルセデスベンツ 自動運転説明会
  • メルセデスベンツ 自動運転説明会
  • メルセデスベンツ 自動運転説明会
  • メルセデスベンツ 自動運転説明会
独ダイムラー社で先端技術開発統括を務めるラルフ・ヘアトヴィッヒ氏は4月14日、都内で会見し自動運転車の走行実験を日本の高速道路でも実施することを明らかにした。

ヘアトヴィッヒ氏は「自動運転機能はドイツで開発したが、様々な国で試験を行う。まずはアメリカ、そして日本でも行う。日本の高速道路でも、すべての自動運転機能がうまくいくかを確認する」と述べた。

また「具体的な(試験実施の)時期を話すのは早い」としながらも、すべてのマーケットで走行可能だと自信を持っている。日本はメルセデスベンツにとっても重要な市場のひとつなので、かならずやその機能を日本でも出していきたいと考えている」とも語った。

メルセデスベンツは2013年8月、ドイツ国内で『S500 INTELLIGENT DRIVE リサーチカー』による自動運転実験を実施。マンハイムからプフォルツハイムまでの全長約100kmを信号やロータリー式交差点、歩行者や自転車との混合交通などの様々なシーンを自動運転で走破した。

ヘアトヴィッヒ氏は、自動運転に関して、2020年頃に高速道路で、2025年までには一般道でも市販車で実用化されるとの見通しを示した。

メルセデスベンツ、自動運転車の走行実験を日本でも実施へ

《小松哲也@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)