保育所の定員は8年で約5万人増…東京都「くらしと統計2014」

生活・健康 その他

くらしと統計2014
  • くらしと統計2014
  • 保育所の定員と待機児童数の推移
  • 認可保育所の開所時間の推移
  • 学校種別国公立・私立学校数の推移と全国比
  • 学校種別在学者数の推移
  • 東京の1日
 東京都は4月22日、東京都の人口や社会、経済、教育などについて、統計グラフと統計数値を用いてまとめた「くらしと統計2014」を発行し、公表した。保育所の定員は平成17年から25年の8年で4万8,615人増加したことが明らかになった。

 保育所の定員は、平成17年の16万8,661人から平成25年の21万7,276人と、8年で4万8,615人増加。一方、待機児童数は、平成17年の5,221人から平成25年の8,117人と、8年で2,896人増加している。

 認可保育所の開所時間について、平成19年は「11時間超~12時間」61.6%、「10時間超~11時間」22.4%、「12時間超」15.4%、「10時間以下」0.7%だったのに対し、平成23年は「11時間超~12時間」60.2%、「12時間超」23.8%、「10時間超~11時間」15.6%、「10時間以下」0.4%と、長時間になる傾向にある。

 学校数は、幼稚園が国公立191校、私立848校、小学校が国公立1,305校、私立53校、中学校が国公立630校、私立188校、高校が国公立194校、私立237校、専修学校が国公立10校、私立403校。私立学校の割合は、幼稚園が82%、小学校が4%、中学校が23%、高校が55%、専修学校が98%を占めた。

 在学者数は、幼稚園が17万2,467人、小学校が58万5,535人、中学校が31万2,764人、高校が31万2,593人。小学校の在学者数は、昭和54年の106万176人をピークに減少傾向にある。

 このほか、東京の1日や人口・世帯、住宅、家計、医療・衛生・環境、社会保障、物価などについてもまとめており、東京都のホームページにて確認できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)