旺文社の初心者向けTOEFL対策書、基本情報から学習方法まで紹介

教育・受験 学習

読むだけでわかる! TOEFLテストガイドブック
  • 読むだけでわかる! TOEFLテストガイドブック
  • TOEFLテストについての基礎知識
  • TOEFLテストについての基礎知識
  • 先生によるコラム
  • マンガでは先生の失敗エピソードを紹介
 旺文社は、初心者向けのTOEFL対策書「読むだけでわかる! TOEFLテストガイドブック」を、5月23日に刊行する。TOEFLテストに関する基礎知識や解き方、解説などを紹介し、初心者でも学習しやすい内容となっている。

 TOEFLテストは本来、米国などに留学するための試験だが、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を正確に測れる試験として、英語力を高めたいと思っている幅広い層から関心を集めることが予想されている。

 新刊ではTOEFLについて、そもそもどのような試験なのかという基本情報から、その内容や解くコツ、学習の始め方までを、マンガやイラストを交えながら、わかりやすく説明する。執筆は、海外大学・大学院留学準備指導の専門校アゴス・ジャパンの4名の講師が担当しているという。

 「1 TOEFLってなに?」では、TOEFLについての素朴な疑問に回答。テストの構成や配点などに加え、「TOEICとの違いや、TOEFL iBT と TOEFL ITP の違いがわからない」といったことも含め、試験についての基本的な情報を詳しく説明する。また、留学のためにTOEFLを受験した人が学習を振り返った体験記も掲載している。

 「2 TOEFLってどんな問題?」では、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの各セクションについて、出題傾向を踏まえたサンプル問題を紹介。個々の問題に対する解説とともに、どのように解いていくべきかというコツも説明する。さらに、どのように学習を進めていけばよいかについてアドバイスもしている。

 B5判2色刷120ページ。価格は1,296円。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)