トヨタの幼児向け交通安全教室、40周年記念セレモニーに約200名招待

生活・健康 交通・クルマ

トヨタの交通安全キャラクター「クック」
  • トヨタの交通安全キャラクター「クック」
トヨタ自動車は、同社施設トヨタ会館において5月21日、「トヨタセーフティスクール第40回記念セレモニー」を開催。豊田市近郊の園児、教員、保護者等、約200名を招待した。

トヨタは、地域貢献活動の一環として、交通社会の入口に立つ幼児に、横断歩道の正しい渡り方など交通ルールの基本を学んでもらうことを目的に、豊田市近郊の幼稚園・保育園・こども園・会社託児所の園児を対象に、1975年より毎年5月下旬~7月中旬に「トヨタセーフティスクール」を開催しており、今年で40回目を迎えた。昨年までの累計参加者数は約25万人(のべ3364園)に達している。

第40回記念セレモニーでは、同スクール開始当時のエピソードを題材とした記念特別劇を上演。トヨタの交通安全キャラクターである「あんぜんマン」誕生秘話を交え、長く続けてきた取り組みを紹介した。

セレモニーに続き、同スクールの基本プログラムとして、「あんぜんマン」に加え、同じくトヨタの交通安全キャラクターである「あんぜんレディ」「クック」が登場し、園児自らが身近な危険について考え「気付く能力」を育むための交通安全教室を実施。具体的には、実際の道路の映像を取り入れた「交通安全劇」、クラクションや急ブレーキ音など街中にある交通に関する音を流し、何の音かを当てる「音当てクイズ」、信号機を使った「横断歩行練習」を行った。

なおこの基本プログラムは、5月21日から7月11日のうち24日間開催し、豊田市近郊の幼稚園・保育園・こども園・会社託児所の年長園児約4700人(105園)が参加する。

トヨタは、「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するためには、「より安全な車両・技術開発」、「交通環境整備への参画」、「人に対する交通安全啓発活動」の3分野からの取り組みを強化していくことが必要と考えており、今後も引き続き交通安全キャンペーンなどの交通安全啓発活動を積極的に実施していく。

トヨタ自動車、幼児向け交通安全教室の第40回記念セレモニーを開催

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)