【夏休み】「水のふるさと体験」群馬で8/7・8開催…小4-6と保護者

教育・受験 学習

「夏休み水のふるさと体験」奈良俣ダム見学の様子
  • 「夏休み水のふるさと体験」奈良俣ダム見学の様子
  • 「夏休み水のふるさと体験」自然観察会の様子
 東京都と群馬県は、都内在住の小学4年生から6年生の児童とその保護者を対象としたイベント「夏休み水のふるさと体験」を8月7日・8日に開催する。「利根川水系上下流交流事業」の一環として行われており、上流の群馬県に住む人たちと、下流の東京都に住む人たちとの交流を目的としている。

 「夏休み水のふるさと体験」は、水源の群馬県と受益地の東京都の小学生同士の交流を図り、「水の大切さ」や「水の育む森林の大切さ」について意識を高め、相互の理解を深めることを目的に行われている。

 同イベントは都庁から貸切バスで群馬県利根郡みなかみ町を訪問、地元の人たちと一緒に奈良俣ダム見学や自然観察会などを行う。ダム見学では、ダム内部や発電所内、ボートでの湖上見学など、さまざまな角度からダムのことを理解していく。自然観察会では、水源である森林に入り、豊かな自然や沢山の珍しい植物に触れながら水のふるさとの大切さを学んでいく。

 申し込み方法は、はがきか東京都都市整備局のホームページから。期限は6月30日(月)となっている。定員は30組60名のため多数の場合は抽選となる。費用は親子1組12,000円で宿泊や交通費、昼食代を含んでいる。車いす使用者はバリアフリー対応でない場所もあるため事前の確認が必要。


◆2014「夏休み水のふるさと体験」
日時:8月7日(木)・8日(金)1泊2日
宿泊地:群馬県利根郡みなかみ町内の宿泊施設
(「水上高原ホテル200」予定)
対象:都内在住の小学4年生~6年生の児童とその保護者の2名1組
定員:30組60名
費用:1組12,000円(宿泊・バス・昼食代などを含む)
申込方法:はがきまたはインターネット
申込期限:6月30日(月)
《佐藤創》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)