2歳児向け、バランスとブレーキを学ぶ軽快キックバイク

幼児用三輪車や子供向け乗物などを企画・製造するアイデス(東京都台東区)は、パンクすることのない発泡タイヤと、足載せステップ、後輪ブレーキという組み合わせの『D-Bike』の最新版を展示。

趣味・娯楽 スポーツ
アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
  • アイデスの『D-Bike』
幼児用三輪車や子供向け乗物などを企画・製造するアイデス(東京都台東区)は、パンクすることのない発泡タイヤと、足載せステップ、後輪ブレーキという組み合わせの『D-Bike』の最新版を展示。

対象年齢は2歳児。「子どもたちが補助輪付き自転車に跨る、3歳から3歳半ぐらいまでの間に使われる」と同社。「ここ2~3年で日本の子どもたちに定着した。キックスクーターと同じようにスポーツ遊具としても利用され、年間2万台出ている」という。

制動を学ぶために後輪に設置したブレーキ。ここに同社独自の工夫があるという。「2歳前後の子どもたちの左手平均握力は2kg。これだと一般的な自転車用ブレーキは思うようになかなか握れない。そこで1kgで引けるるようなライトブレーキシステム(LBS)を自社で設計・開発した」。

こうしたペダルなしバイクでバランス感覚とブレーキングを学べるという。「3歳のころには補助輪なしで自転車に乗れる子どもたちもいる」と同社は話していた。

【東京おもちゃショー14】2歳児からのチャリ体験…バランスとブレーキを学ぶ軽快キックバイク

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)