自由研究コンテスト「高校生科学技術チャレンジ」作品募集、上位入賞者は国際大会へ

教育・受験 学習

第12回高校生科学技術チャレンジ(Webサイト)
  • 第12回高校生科学技術チャレンジ(Webサイト)
  • 昨年のIntel ISEF
  • AO入試および特別選抜入試について
  • AO入試および特別選抜入試について
 朝日新聞社とテレビ朝日は、科学技術の自由研究コンテスト「第12回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」の作品募集を9月1日より開始する。

 JSECは、2003年に朝日新聞社主催で開始した、高校生対象の自由研究コンテスト。2011年よりテレビ朝日が主催に加わり、今回が12回目。高校生と3年生までの高等専門学校生を対象に、全国から直接応募を受け付け、専門家の審査委員による書類審査とプレゼンテーション審査で優秀な研究作品を表彰する。上位入賞者の中から数人を、2015年米国ピッツバーグで開催される国際大会「Intel ISEF」に派遣する。

 また、JSECはAO入試や特別選抜入試の対象コンテストとなっており、大阪大学理学部や慶應義塾大学SFC総合政策学部/環境情報学部、早稲田大学基幹/創造/先進理工学部、東京理科大学理学部第一部の4学科、立命館大学生命科学部などが採用。また、東京大学が2016年度入学者選抜から導入する推薦入試において、推薦要件の実績例として挙げられている。

 JSECでは、科学ジャンルの自由研究を幅広いカテゴリーから募集。学術的な研究だけでなく、独創的な視点によるフィールド調査や実験リポート、実験装置の試作、製品開発なども歓迎だという。審査では、科学技術における研究成果を検証するだけでなく、研究を行った生徒自身の能力と可能性、熱意なども評価。独創性や創意工夫、その研究分野の理解度、分析力、達成度、コミュニケーション能力、情熱などがポイントとなる。

◆第12回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2014)
応募受付:9月1日(月)~10月8日(月)
※郵送物は当日消印有効
応募資格:高校生・高等専門学校生(3年生まで)の個人もしくはチーム単位(3名以下)
応募方法:ホームページから応募書類をダウンロードして提出書類を作成
審査:予備審査が10月中旬~下旬、一次審査が11月上旬、最終審査が12月13日(土)・14日(日)
表彰式:12月14日(日)日本科学未来館(東京お台場)
【賞典(予定)】
・グランドアワード[文部科学大臣賞][科学技術政策担当大臣賞][科学技術振興機構賞]
各賞状、盾、研究奨励金
・特別協賛社賞[富士通賞]
賞状、研究奨励金
・協賛社賞[花王賞][JFEスチール賞]
各賞状、研究奨励金
・主催者賞[朝日新聞社賞]
賞状、研究奨励金
・特別奨励賞[テレビ朝日特別奨励賞][花王特別奨励賞]
各賞状、副賞
・審査委員奨励賞(3作品予定)
各賞状、研究奨励金
・優等賞(18作品予定)
賞状
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)