入社から3か月後の新入社員、9割が「入社してよかった」…マイナビ調査

生活・健康 その他

入社してよかったと感じたのはどんなときか
  • 入社してよかったと感じたのはどんなときか
  • 社会人になってどう感じたか
  • 厳しいと感じたときはどんなときか
  • 社会人として仕事をしていくうえで重要だと思うことはなにか
  • 今、会社に求めることはなにか
  • OJTトレーナーとの面談頻度
 マイナビは7月24日、「2014年マイナビ新入社員意識調査-3か月後の現状」の結果を発表した。7割近くが社会人生活を厳しいと感じながらも、約90%が入社してよかったと回答。また、良好な人間関係を重要だと考えていることがわかった。

 同調査は2012年より行われており、今年で3回目。同社実施の新入社員研修フォローアップ講座に参加した新入社員1,241人を対象に、アンケート調査を実施した。調査期間は6月30日から7月4日。

 新入社員は90.7%が「この会社に入社してよかった」と感じており、「それはどんなときか」を聞くと、「上司・先輩に恵まれたと感じたとき(53.9%)」がもっとも多かった。次いで「仕事ならではの経験ができたとき(40.3%)」、「給与をもらえたとき(36.7%)」「褒められたとき(36.6%)」と続いた。

 また、「社会人になってどう感じたか」では、「想像していたよりも厳しかった」「想像していた通り厳しかった」あわせて68.6%、厳しく感じている新入社員が多かった。「厳しかったと感じたとき」を聞くと、78.0%が「能力・スキル不足を実感したとき」と回答。そのほかでは「人間関係の難しさを感じたとき(36.3%)」「仕事内容が困難だと感じたとき(34.8%)」があがっていた。

 「社会人として仕事をしていくうえで重要だと思うこと」では、「良好な人間関係(67.9%)」「楽しさ(49.9%)」「成功・評価・地位(35.5%)」が上位を占めた。4月に行われた同様の調査と比較して増加が目立ったのは、10.6ポイント増の「報酬(28.3%)」、9.0ポイント増の「楽しさ」、減少が目立ったのは9.8ポイント減の「挑戦(35.1%)」だった。

 「今、会社に求めていること」を聞くと、「給料を上げてほしい(31.7%)」「人材育成の仕組みを構築してほしい(26.3%)」などが上位にあがっていた。新入社員の教育担当であるOJTトレーナーに関しては、6割以上が「いる」と回答、面談頻度は「毎日(35.0%)」がもっとも多かった。一方で、「やっていない(29.2%)」「1か月に1回(9.9%)」があとに続いており、同社では「体制がありつつも面談が不十分なため、進捗を確認しあい、成長へと繋げることがしにくい状況」と指摘している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)