教育熱心と自覚する保護者は6割弱、重視するのは子どもの礼儀やマナー教育

教育・受験 学習

子どもの教育で重視していること
  • 子どもの教育で重視していること
  • 子ども一人あたりの月謝
  • 自分自身のことを教育熱心だと思うか
  • 配偶者のことを教育熱心だと思うか
 子どもの教育で重視していることの1位は「礼儀、マナーを身につけること」であったが、年収1,000万円を超える家庭では、進学先を重視する割合が高い傾向にあることが、オウチーノ総研が7月24日に発表した「教育パパ・ママ実態調査」より明らかになった。

 同調査は、12歳以下の子どもがいる20歳~35歳の男女482人に子育てに関して、インターネットによるアンケート調査を行った。調査期間は7月3日~7月10日。

 自分自身のことを教育熱心だと思うか質問したところ、「とても教育熱心だと思う」14.8%と「まあまあ教育熱心だと思う」42.6%の合わせて57.4%が教育熱心だと思っている。一方、「あまり教育熱心だと思わない」36.4%と「教育熱心だと思わない」6.2%を合わせた42.6%は教育熱心だと思っていない。

 また、配偶者のことを教育熱心だと思うか質問したところ、妻のことを「とても教育熱心だと思う」と回答した夫は20.2%、「まあまあ教育熱心だと思う」50.6%、「あまり教育熱心だと思わない」24.0%、「教育熱心だと思わない」5.2%だった。

 一方、夫のことを「とても教育熱心だと思う」と回答した妻は10.1%、「まあまあ教育熱心だと思う」31.0%、「あまり教育熱心だと思わない」45.6%、「教育熱心だと思わない」13.3%だった。夫が妻を「教育熱心」だと思っている割合は70.8%だったのに対し、妻が夫を「教育熱心」だと思っている割合は41.1%と、約30ポイントの差がみられた。

 子どもの教育で重視していることは、1位「礼儀、マナーを身につけること」56.6%、2位「コミュニケーション力を高めること」43.2%、3位「自分で考える力を身につけること」40.2%、4位「学校生活が充実すること」23.2%、5位「人間性を磨くこと」19.9%。

 年収別に結果をみると、年収1,000万円未満は全体の順位から変動はなかったが、年収1,000万円以上の順位をみると、1位は「礼儀、マナーを身につけること」同じだが、2位は「コミュニケーション力を高めること」と同率で「良い学校へ進学すること」がランクイン。年収1,000万円を超える家庭では、進学先を重視する割合が高い傾向にある。

 子どもに習い事をさせている割合は46.7%で、自分自身のことを教育熱心だと回答した人は55.2%が子どもに習い事をさせているのに対し、教育熱心ではないと回答した人は35.1%だった。習い事の内容は、1位「英会話・英語」、2位「スイミング」、3位「通信教育」が人気のトップ3となった。

 子ども一人あたりの月謝は、「5,000円未満」24.5%、「5,000円以上10,000円未満」34.3%、「10,000円以上15,000円未満」13.4%、「15,000円以上20,000円未満」10.3%などとなった。一人あたりの月謝に35,000円以上かけている割合は、年収700万円未満では0%だったが、年収700万円以上1,000万円未満では3.8%、年収1,000万円以上では18.6%だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)