Z会の「国語力検定・国語力基礎検定」、第2回を11/16実施

 Z会の「国語力検定・国語力基礎検定」、第2回検定が11月16日に全国13都市の試験会場で実施される。個人受検申込締切りは10月3日。

教育・受験 その他
国語力検定(国検)
  • 国語力検定(国検)
 Z会の「国語力検定・国語力基礎検定」、第2回検定が11月16日に全国13都市の試験会場で実施される。

 今年度第1回の検定の際は、小学生から社会人まで全国で2万3千人以上が受検した。国語力検定は、中学生から社会人までが対象で、国語力基礎検定は、小学3年生以上が対象となる。

 本検定では、あらゆる教科の基盤、社会生活の基本となる国語の力を「読む力」「書く力」「聞く力」「話す力」「総合的国語力」の5つに分け、総合的・客観的に試される。

 国語力検定に関しては、全国140以上の国公立・私立大学の推薦・AO入試などで評価の対象となる。個人受検申込締切りは10月3日。

 開催される都市や国語力検定の認定級が評価の対象となる主な大学などの詳細は、下記のとおり。

・実施会場
 札幌市、仙台市、宇都宮市、さいたま市、東京23区内、千葉市、長野市、三島市、静岡市、名古屋市、大阪市、京都市、神戸市、広島市、福岡市

・評価の対象となる主な大学(2014年8月現在)
早稲田大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、法政大学、明治大学、立教大学、津田塾大学、成蹊大学、駒澤大学、東洋大学、東海大学、國學院大学、聖心女子大学、白百合女子大学、実践女子大学、東洋英和女学院大学、同志社女子大学、京都ノートルダム女子大学、京都女子大学、立命館アジア太平洋大学、小樽商科大学、長崎大学など
《吉田凌》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)