【高校野球2014夏】4日目の結果と5日目の見どころ、山形中央が集中打で逆転勝利

 甲子園4日目は朝からどんよりとした雲が覆った。第1試合中には雨も降ったが、球児たちの熱気が伝わったのか、次第に晴れ間がのぞき、甲子園特有のライトからレフトに吹く浜風の中、激しい戦いが繰り広げられた。

趣味・娯楽 スポーツ
日本高等学校野球連盟
  • 日本高等学校野球連盟
  • 大会4日目の結果
  • 大会5日目の組合せ
 甲子園4日目は朝からどんよりとした雲が覆った。第1試合中には雨も降ったが、球児たちの熱気が伝わったのか、次第に晴れ間がのぞき、甲子園特有のライトからレフトに吹く浜風の中、激しい戦いが繰り広げられた。

【第1試合】東海大甲府(山梨)1-3佐久長聖(長野)
 東海大甲府は右腕の両角投手が先発すると読み、スターティングメンバーに左打者を7人並べた。しかし、佐久長聖は左腕の寺沢投手を起用し、裏をかく形となった。寺沢投手は高めの球を有効に使う投球で強打の東海大甲府を6回まで1失点に抑え、1点リードの7回からは両角投手に継投。威力ある直球と鋭く落ちるスプリットで東海大甲府を抑えた。東海大甲府の高橋投手も8回途中2失点と粘り強い投球で緊迫した試合となった。

【第2試合】九州国際大付(福岡)1-6東海大四(南北海道)
 21年ぶりの出場となる東海大四は3回表、4連打や犠飛などで4点を先取し試合を優位に進める。その後も豪打の九州国際大付のお株を奪う14安打を放つ。東海大四の西嶋投手は、1番から9番まで長打がある九州国際大付打線に臆することなく、キレのある直球と緩い変化球をストライクゾーン目一杯に投げ込み12個の三振を奪った。九州国際大付の打者は西嶋投手の緩急をつけた投球に本来のスイングができなかった。

【第3試合】聖光学院(福島)2-1神戸国際大付(兵庫)
 第3試合、地元の神戸国際大付の黒田投手が得意のスライダーで抑え込むか、強打の聖光打線が打ち崩すかが注目された。黒田投手は四球が多く苦しい投球が続くが、粘り強く耐えて6回まで1失点。対する聖光学院の2年生今泉投手も丁寧な投球で1失点と譲らない。ポイントは7回裏。聖光学院は四球で出したランナーを犠打で得点圏に進め、7番石垣選手の適時2塁打で均衡を破る。その後、7回から登板した聖光学院、船迫投手が神戸国際大付を抑え、5年連続の初戦突破を決めた。

【第4試合】小松(愛媛)8-9山形中央(山形)
 甲子園初勝利を目指す両校ががっぷり四つのシーソーゲームを繰り広げた。3-1で迎えた3回裏、小松が山形中央の石川投手を攻めたてる。4番大上選手がフォークを捕え、左越適時打を放つと後続も続き、4点を奪って逆転。その後は両校得点を加えて8-5と小松のリードで9回、山形中央最後の攻撃を迎える。先頭の高橋選手からの3連打で1点を返すと、5番高橋選手の適時3塁打などで土壇場で同点に。小松は守備のタイムで間を取るも山形中央の勢いは止められなかった。続く中村選手が逆転打を放ち、激戦に決着をつけた。

 第1試合は1回戦屈指の好カード。5年連続出場の明徳義塾(高知)は主将でエースの岸選手のクレバーな投球が光る。打撃も非凡で4番として打線を牽引。下位打線の安田選手や尾崎選手も勝負強く得点が期待できる。対するは3年ぶりの出場の智弁学園(奈良)。高校通算73本塁打で、今大会No.1スラッガーと評判の岡本選手の存在感が強烈だ。奈良県大会では14もの打点を記録した。

 第2試合は打撃自慢のチーム同士が対戦。3年ぶり9回目の出場となる開星(島根)は、島根県大会で3本塁打を放った4番の池田選手を筆頭に、3番宮川選手、5番金築選手のクリーンナップで計23打点を叩き出した。対する大阪桐蔭(大阪)は激戦区大阪を3年連続で制し、8回目の出場となる。切れ目のない打線は、大阪府大会8試合で10本塁打を含む99安打、67得点と圧倒的な打力を誇る。

 第3試合から2回戦となる。二松学舎大付(東東京)は、東東京大会の決勝に挑むこと11度目で夏の初出場を決めた。苦しみながらも勝ち上がってきただけにチームのまとまりは強い。主将で3番、俊足巧打の竹原選手がキーマンだ。対する海星(長崎)はチーム打率こそ.309と高くはないが、16の犠打などそつない攻撃が信条。4番平場選手は長崎県大会で2本塁打と長打力がある。主力の2年生を3年生がサポートして勝利を目指す。

 どの試合もチャンスでの素晴らしい打撃やピンチを切り抜ける投手の気迫みなぎる投球が多く見られた。また、目立つミスが少なく、一進一退の好ゲームが続いた。特に第4試合の土壇場での逆転劇は「これぞ高校野球!」ともいうべきゲームだった。明日は常連校同士の対決や、打撃自慢のチームの対決、悲願の初出場を決めた二松学舎大付など、注目の試合が目白押しだ。明日の天気予報では関西は雨となっているが、雨雲を吹き飛ばすようなハツラツプレーに期待したい。
《朝倉尚》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)