JASSOが海外留学支援制度(協定派遣)の募集開始、対象は2万5千人

教育・受験 学校・塾・予備校

海外留学支援制度(協定派遣)の計画書
  • 海外留学支援制度(協定派遣)の計画書
  • 海外留学支援制度(協定派遣・受入)についてのQ&A
  • 派遣先地域による奨学金月額
  • 日本学生支援機構(JASSO)のホームページ
 日本学生支援機構(JASSO)は平成27年度の海外留学支援制度(協定派遣)の募集を開始した。グローバル社会で活躍する人材育成などのために奨学金を支援するもので、派遣プログラムは来年4月1日~翌3月31日の間に開始される。申請は10月14日まで。

 海外留学支援制度(協定派遣)は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、または専修学校が諸外国の高等教育機関などと学生交流に関する協定を締結し、短期間派遣される学生に対して留学にかかわる費用の一部を奨学金として支援するもの。グローバル社会で活躍できる人材育成や日本の高等教育機関の国際化や国際競争力の強化に役立てることを目的に行う。

 派遣される学生は、在籍大学等に在籍したまま1年以内の期間に在籍大学が実施する派遣プログラム(履修科目の一部として実施されるインターシップ等を含む)に参加する学生で、本制度により奨学金の支援を受ける者とする。

 派遣プログラムは平成27年4月1日~翌3月31日の間に開始され、8日以上1年以内に実施されるもの。派遣プログラムの実施を計画して本制度を希望する学生は、在籍する大学等の長が申請書類を取りまとめてJASSOに申請する。審査後、支援する派遣プログラムや奨学金支給割当て人数、奨学金配分額を決定する。1在籍大学等で申請プログラムの数の制限はない。1プログラムの奨学金支給の割当て人数は総派遣計画人数の8割または100人のいずれか少ない数を上限とする。

 支援対象者は平成27年度概算要求では25,000人を予定している。奨学金はニューヨーク、パリ、ロンドンなどの指定都市で月額100,000円、北米、中近東などの甲地方で月額80,000円、シンガポール、タイ、アフリカなどの丙地方は月額60,000円、シドニー、ソウル、ウェリントンなどの指定都市、甲、丙地方以外の地域は月額70,000円。

 詳しい申請方法や派遣プログラムの形態区分、申請上の制限、支給対象者の資格および要件、奨学金支給の家計基準などは、ホームページに記載している。また、海外留学支援制度(協定受入)も同時に募集を開始した。なお、この募集は平成27年度予算成立を前提に行うもの。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)