学芸大附属世田谷小「子どもの学びを語る研究会」1/30-31

教育・受験 学校・塾・予備校

開催案内
  • 開催案内
  • スケジュール
 東京学芸大学附属世田谷小学校は、平成27年1月30日(金)と31日(土)に「学び続ける共同体としての学校の創造」をテーマに子どもの学びを語る研究会を開催する。対象は教員、研究者などの教育関係者で、参加費は無料。

 同校では、「他者意識」を持ち、相互作用の中で学びが高まっていく集団を「学び続ける共同体」と名付け、その実現のために教育課程研究を進めている。平成24年度は共同体を構成する教師集団の学びについて、その学び合いの姿と方法、平成25年度は共同体を構成する子どもの姿に着目し、その見取りと解釈の重要性を提案した。

 今年度は、これまでの研究をもとに、子どもの様相を実現する授業づくりに着目。目指す子どもの様相を実現するため、「他者との相互作用を通して自己を更新していく学び」を通して、子どもを育てる教育課程を日々更新していくことを目指している。

 研究会では、10教科・領域の公開授業のほか、研究提案、協議会、全体会を2日間にわたって行う。連続公開授業では、4年生の社会「昔の生活から今の世の中を見直そう」、5年生の総合学習「クラスのテーマ」など9つの授業を行う。

◆子どもの学びを語る研究会
日時:平成27年1月30日(金)13:00~16:30(受付12:40)
   1月31日(土)9:00~16:45(受付8:40)
会場:東京学芸大学附属世田谷小学校
対象:教員と研究者等の教育関係者
参加費:無料
申込方法:申込みWebフォームより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)