ボーナス増の業種1位「公務員」、34%が教育費に使用

生活・健康 その他

ボーナスの使い道
  • ボーナスの使い道
  • ボーナスの増減(年代別・業種別)
 2014年の夫のボーナスが前年と比べて増えた家庭は15.8%で、増えたと回答した割合がもっとも高い業種は「公務員」であることが、ソフトブレーン・フィールドが12月22日に発表した調査結果より明らかになった。

 調査は30代~40代の主婦を中心とする同社サービス登録の既婚女性会員を対象に「夫のボーナス」についてのアンケートを実施し、939名の有効回答を得た。調査期間は12月4日から12月10日。

 2014年の夫のボーナスが2013年から増減したか聞いたところ、「変化なし」がもっとも多く36.8%、「ボーナスがないため変化なし」29.2%、「減った(減りそう)」18.1%、「増えた(増えそう)」15.9%と、やや減少傾向にある。

 夫の業種別にみると、公務員は「増えた(増えそう)」と回答した割合がもっとも高く30.2%、次いで「製造業」22.4%、「医療・福祉」19.4%。一方、「減った(減りそう)」の比率がもっとも高かったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」などのインフラ関係で34.5%だった。

 ボーナスの額は、「10万円未満」2.2%、「10~30万円未満」11.8%、「30万~60万円未満」19.0%、「60万~100万円未満」20.6%、「100万~150万円未満」8.9%、「150万~200万円未満」2.7%、「200万~300万未満」2.2%、「300万~400万円未満」0.1%、「400万円以上」0.6%。

 ボーナスの使い道は、旅行・レジャー費用に10~30%程度使うとの回答が63.5%、欲しかったものの購入に10~30%程度使うとの回答が60.2%、外食費に10~30%程度使うとの回答が51.3%あり、ボーナスを普段できないことやものの購入にあてているようだ。教育費に使うとの回答は34%だった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)