首都圏模試センター、2015年度に難関校志望小学生向けの新模試を導入

 首都圏模試センターは、1月19日、ホームページにて2015年度首都圏模試に新しく「小6公立中高一貫校模試」「小6最難関模試」「小5最難関プレ(模試)」「新小4・新小5無料学力テスト」を実施すると発表した。

教育・受験 受験
首都圏模試センター ホーム
  • 首都圏模試センター ホーム
  • 最難関模試
  • 公立中高一貫校模試
  • 無料学力テスト
 首都圏模試センターは1月19日、2015年度首都圏模試に新しく「小6公立中高一貫校模試」「小6最難関模試」「小5最難関プレ(模試)」「新小4・新小5無料学力テスト」を実施すると発表した。いずれの模試も、模試受験者の要望を参考にしており、Webサイトで特徴と実施要項が確認できる。

 新設した「小6最難関模試」「小5最難関プレ(模試)」は、難関校を第1志望にしている受験生を対象にした年に1度の難問模試。「小6最難関模試」では、記述式や考える問題を多く取り入れ、試験会場も本番さながらの雰囲気が体感できるよう難関校を中心に設定される。「小5最難関模試」では、ライバルとなる集団の情勢を捉え、相対的な自分の位置を知りたい生徒に向けられたものとなっている。

 そのほか、公立中高一貫校を志望する児童に向け用意された「小6公立中高一貫模試」や、3、4年後を見据えた学力診断を促す「新小4・新小5無料学力テスト」など、志望校に合わせた受験ができるよう幅広い模試を提供する。また、2015年度も行われた小5・6統一合判は2015年度も全6回を定期的に開催する予定だ。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)