【中学受験2015】東京・神奈川の中学入試が2/1解禁…解答速報を即日公開

 東京・神奈川の入試解禁日となる本日2月1日、多くの中学校で入試が実施される。男子校では開成、麻布、駒場東邦、慶應普通部、武蔵、女子校では桜蔭、雙葉、共学校では早稲田実業などがこの日に入試を行う。

教育・受験 受験
イメージ写真(本文とは関係ありません)
  • イメージ写真(本文とは関係ありません)
  • 桜蔭の応募者数速報
  • 女子学院の応募者数速報
  • フェリス女学院の応募者数速報
 東京・神奈川の入試解禁日となる本日2月1日、多くの中学校で入試が実施される。男子校では開成、麻布、駒場東邦、慶應普通部、武蔵、女子校では桜蔭、雙葉、共学校では早稲田実業などがこの日に入試を行う。

 中学入試においては、優秀な生徒を獲得するための青田買いを防ぐため、入試解禁日が設定されている地域が多い。東京・神奈川では毎年2月1日が解禁日となっており、この日から約1週間、入試が続く。

 東京・神奈川には有名校が集中しているが、この都県の中学校を第一志望にする児童の多くは、1月に先行して入試が実施される埼玉、千葉や地方校の東京会場入試などで腕試し受験(お試し受験)をし、本番に臨むことになる。

 今年2015年は2月1日が日曜日で、例年この日に入試を実施しているキリスト教系(特にプロテスタント系)の学校の一部が入試日を変更するサンデーショックにあたり、併願パターンが例年と変化している。一例をあげると、女子学院やフェリス女学院が2日に入試日を繰り下げることにより、女子トップ層では例年は不可能な、桜蔭と女子学院・フェリスの併願が可能になっている。

 サピックスが公開している応募者数速報によると桜蔭は昨年より141人増の655人、女子学院は同227人増の971人、フェリスは同80人増の476人と、サンデーショックの影響もありいずれも志願者が大幅に増加している。これにより、最難関の桜蔭はより難化することが予想される。また、女子学院やフェリスのボーダーラインの受験生には、例年以上に厳しい受験となりそうだ。

 中学受験塾や首都圏模試センターでは、2015年中学入試の予想偏差値や出願情報を公開している。また、四谷大塚とインターエデュは解答速報を順次公開する。

◆解答速報
四谷大塚 解答速報
 開成、麻布、筑駒、駒東、桜蔭、女子学院、雙葉、慶應中等部、渋幕(公開中)、浦和明の星(公開中)、灘(公開中)、ラ・サール(公開中)、海陽(公開中)の解答を速報。

インターエデュ 解答速報
 開成、麻布、武蔵、筑駒、駒東、栄光、聖光、桜蔭、女子学院、雙葉、渋渋、浦和明の星(公開中)の解答を速報。

◆偏差値
・SAPIX(サピックス)小学部:男子女子
・浜学園:男子女子
四谷大塚
日能研
首都圏模試センター

◆倍率速報
SAPIX(サピックス)小学部
四谷大塚
日能研
首都圏模試センター
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)