【学校ニュース】中央大、東洋大、法政大、明治大、神奈工大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。2月5日は中央大学、東洋大学、法政大学、明治大学、神奈川工科大学の情報を紹介する。法政大学がR&Iによる格付を更新「AA-」を継続など。

・【中央大学】中央大学の学生が制作したドキュメンタリーが「東京ビデオフェスティバル2015」で優秀作品賞を受賞
 中央大学FLP(ファカルティリンケージ・プログラム)ジャーナリズムプログラム松野良一ゼミの学生が制作したドキュメンタリー『絵手紙に綴られた東日本大震災』が、このほど開催された「東京ビデオフェスティバル2015」(審査員:大林信彦監督、高畑勲監督など)において、国内外から寄せられた217作品の中から「優秀作品賞」に選ばれた。同作品は昨年11月にも「地方の時代」映像祭(主催:NHK、民放連)で優秀賞を受賞している。

・【東洋大学】東洋大学が武雄市、DeNAと産学官連携「小学校1年生向けのプログラミング教育」の授業・作品発表会を公開
 東洋大学(東京都文京区、学長 竹村牧男)は、佐賀県武雄市(市長 小松政)、株式会社ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO 守安功)と連携し、初等教育におけるプログラミング教育に関する実証研究を行ってきた。2月12日(木)、山内農村環境改善センター(佐賀県武雄市)にて、授業の最終講義の模様と児童が制作した作品の発表会を公開する。

・【法政大学】法政大学がR&Iによる格付を更新――「AA-」を継続
 学校法人法政大学は、「株式会社 格付投資情報センター(R&I)」の格付を更新した。

・【明治大学】~70年代から80年代、「はみだしっ子」シリーズなどで熱狂的に支持されたマンガ家~ 「没後20年展 三原順復活祭」 明治大学米沢嘉博記念図書館にて2/6~5/31開催
 明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)では、1995年に早逝したマンガ家・三原順の没後20年を記念して、「没後20年展 三原順復活祭」を2月6日(金)~5月31日(日)、展示内容を4期に分けて開催する(入場無料)。

・【神奈川工科大学】神奈川工科大学がフルハイビジョンの16倍の「8K超高精細映像素材」を、非圧縮のままストリーム型ビックデータとしてクラウド上で編集加工し、ネットワーク配信する実験に成功
 神奈川工科大学はこのたび、NICT(独立行政法人情報通信研究機構)が主催する“さっぽろ雪まつり”での実証実験の場に参加。東京―大阪―北陸間の100Gbpsのテストベッドネットワークおよびクラウド設備を用いて、8K超高精細映像素材を非圧縮のままストリーム型ビッグデータとして編集加工し、配信する実験に成功した。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)