イーオン「学校教育課」を新設、学校へ専門講師を派遣

 英会話教室を運営するイーオンは、小学校から大学までの教育機関を対象に、同社の英語指導ノウハウを活かしたサービスの提供を行う法人部門「学校教育課」を、3月1日に新たに開設することを発表した。

教育・受験 学校・塾・予備校
英会話のイーオン
  • 英会話のイーオン
  • 新設する学校教育課、教務責任者の菅井幸子氏
 英会話教室を運営するイーオンは、小学校から大学までの教育機関を対象に、同社の英語指導ノウハウを活かしたサービスの提供を行う法人部門「学校教育課」を、3月1日に新たに開設することを発表した。

 文部科学省が進める「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」により、英語の4技能の総合的育成に向け、英語教育の現場は大きな転換点を迎え、小学校での英語授業の導入や、「英語で英語を教える」指導教員の育成などが急務の課題となっているという。

 同社は、40年以上にわたって行ってきた「英語で英語を教える」指導ノウハウを活かし、教育現場のニーズに即した学校支援事業を実施すべく、「学校教育課」を新設する。

 「学校教育課」では、高校、大学の授業へ講師を派遣し、それぞれの学校方針に合わせた授業を実施するほか、TOEICやTOEFL、IELTS、TEAPなどの資格試験対策講座や、要望に合わせたカリキュラム、教材の作成などのサポートを行うという。

 くわえて、小学校から高校の英語教員を対象とした、英語で英語を教えるための指導方法や教職員自身の英語力を向上させるためのセミナーを実施。また、短期語学留学から大学・大学院留学、インターシップ留学などの相談から留学生活までフルサポートする海外留学支援も展開する。

 同社は、今後より一層「学校教育課」をはじめとするサポート体制を充実させ、教育機関との連携を通してグローバル人材の育成に貢献することを目指しているという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)