東京藝大、世界4芸大による連携協定

教育・受験 学校・塾・予備校

東京藝術大学ホームページ
  • 東京藝術大学ホームページ
  • 協定を結んだロンドン芸術大学
  • 協定を結んだパリ国立高等美術学校
  • 協定を結んだシカゴ美術館附属美術学校
 東京藝術大学にて世界最高峰の4芸術大学連合による国際共同学位プログラム構築に向けた連携協定の調印式が2月23日に執り行われた。このたび協定を結ぶのは、東京藝術大学、ロンドン芸術大学、パリ国立高等美術学校、シカゴ美術館附属美術学校の4校。

 この取組みは、文部科学省が推進する「国立大学改革プラン」における、国立大学機能強化事業として実施するもの。海外一線級のアーティストを海外芸術系大学の学生を含めたユニットとして誘致し、世界の芸術大学同士の連携による実践型アートプロジェクトを展開、世界トップレべルの芸術家の戦略的育成を推進することを目的としているという。

 調印式は、台東区上野公園にある東京藝術大学本部事務局棟にて、2月23日(月)午前10時より行われた。東京藝術大学の宮田亮平学長、保科豊巳美術学部長のほか、ロンドン芸術大学Mark Dunhill学部長、パリ国立高等美術学校Nicholas Bourriaud校長、シカゴ美術館附属美術大学Paul Coffy副総長が出席した。

 今回の連携協定により、美術分野における教員・学生の相互交流をはじめ、各国で行われる国際芸術祭におけるアートプロジェクトを組み込んだ国際共同カリキュラムの実施など、「国際共同学位プログラム(ジョイント・ディグリー:連携する大学間で開設された単一の共同の教育プログラムを学生が修了した際、連携大学が共同で単一の学位を授与)」の構築を目指しているという。

 2015年5月にはパリ国立高等美術学校の教員・学生ユニットが、8月にはロンドン芸術大学の教員・学生ユニットがそれぞれ10名程度の規模で来日し、日本各地で実施される国際芸術祭などにおいて、アートプロジェクトを展開する予定だという。また、同じく東京藝術大学からも教員・学生ユニットが相手国でのアートプロジェクトを実施し、国境を越えたグローバルワイドな人材育成を実行していくという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)