【高校受験2015】千葉県公立入試後期<社会>講評…幅広く出題

教育・受験 受験

千葉県公立高校後期、講評(社会)
  • 千葉県公立高校後期、講評(社会)
  • 学校別出願状況(県立千葉など一部)
 平成27(2015)年度千葉県公立高等学校の「後期選抜」学力検査が3月2日に実施された。リセマムでは、難関高校受験指導で定評のあるSAPIX(サピックス)中学部の協力を得て、学力検査の「社会」を講評する。この他の教科(全5教科)についても同様に掲載する。

◆<社会>講評(SAPIX中学部)

 昨年と同じく、問題構成は7題で、地理・歴史・公民全ての分野から幅広く出題されています。前期入試よりも試験時間が短いため、大問数・小問数ともに少なくなっていますが、千葉県に関連する文章を題材とした総合問題や地形図が出題される点なども含め、全体的な出題傾向は前期入試と大きく変わっていません。教科書に太字で掲載されている基本語句をしっかりおさえることが何よりも重要ですが、単に覚えているだけでは正確な解答を導けない問題もあるので、資料の読み取りや記述問題への対策も欠かせません。

[1]三分野総合問題
 毎年恒例の千葉県に関する文章をもとにした総合問題でした。千葉県のことをよく知っていなければ解けない問題ではなく、教科書を中心とした学習をしていれば確実に得点できる問題です。

[2]日本地理
 都道府県と都道府県庁所在地に関する問題は、前期と同じく、毎年出題が続いています。地形図の出題は、読み取りやすく、例年と比較しても易しかったといえます。

[3]世界地理
 経線や気候帯、主に南半球に位置する国々に関する問題でした。あまり学習する機会のない、南半球から地球を眺める視点が必要でした。

[4]前近代史
「日本の世界遺産」をテーマに奈良時代から安土桃山時代まで幅広く出題されました。また、「外国の世界遺産」に関する問題では日頃から教科書の図版をよく見ているかどうかが問われました。

[5]近現代史
「日本の内閣総理大臣」に関する明治時代から現代までの正確な知識が定着しているかどうかが問われました。伊藤博文の結成した政党を選ぶ問題では、間違えやすい語句に注意する必要がありました。

[6]経済
 価格の動きや景気変動を中心とした経済の総合問題でした。需要曲線と供給曲線に関する問題では、慎重に文章を読み、正しい選択肢を的確に判断しなければなりませんでした。

[7]政治
「国民の政治参加」をテーマに政治の関連知識が問われました。公務員に関する記述問題では、憲法の内容を正確に理解しておく必要がありました。

社会:問題 正答(提供:千葉県教育委員会)

 このレポートは2015年3月3日(入試翌日)に速報としてSAPIX中学部により作成されたもの。なお、SAPIX中学部は、下記の日程で2015 高校入試分析会を開催する予定だ。

・2015 高校入試分析会 千葉県(国私立難関高・千葉県立トップ高)
 3月22日(日)SAPIX中学部 新浦安校

・入試問題分析会(開成・筑駒高/慶應女子高/学芸大附高)
 4月12日(日)代ゼミタワー
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)