【保護者の就活】就職活動ってどのくらいお金がかかるの?

教育・受験 学校・塾・予備校

イメージ画像
  • イメージ画像
  • MyCareerCenter web
 就活生を持つ保護者の質問に、キャリアコンサルタントで就活情報サイト「MyCareerCenter web」を運営する高嶌悠人氏が答える連載「保護者の就活」。第15弾では、就職活動で必要な経費について聞いた。

◆就職活動でお金ってどのくらいかかるの?

 まず、親御さんに理解して頂きたいのは、就職活動は大変活動的なものであるということです。受ける企業の数にもよりますが、40社の選考を受ける学生であれば、約1か月間は寝る時間も満足にとれないほどです。それに伴い、諸経費も嵩みます。

・交通費

 説明会やセミナー、面接などで1日に5か所回ることはざらにあります。時には時間が間に合わなくて、タクシーを使わざるをえない時もあるほどです。

・郵送代

 履歴書やエントリーシートの郵送代です。過密スケジュールの中で郵送するので、速達で送らなくてはならないこともしばしばあります。

・写真撮影代

 初回の撮影代だけでなく、焼き増しをするのにもお金が必要です。選考を受ける企業数が多い学生であれば50枚以上の写真が必要になることもあります。

・衣類購入費

 スーツやシャツ、鞄などにかかる経費です。これらは日々必要になるものではありませんが、学生が負担するには厳しいほど大きな金額になります。

・書籍代

 筆記試験や就活情報系の書籍を購入する際にかかる費用です。多ければ20冊ほど購入する学生もいます。

 これらの他にも、就活生同士の交流や時に有料のセミナーに参加する事もあります。全て含めると、少なくて5万円程度で多ければ20万円程度は数か月間で必要になる計算になります。このように、見えないところでお金がかかるのが就職活動です。学生にとっては、親が資金面で援助してくれるのは、大変有り難いことなのです。

---
 リセマム連載「保護者の就活」は、就活生や就活を控える学生の保護者からの質問に対し、キャリアコンサルタントであり就活塾「MyCarrerCenter」代表でもある高嶌悠人氏がアドバイスや適切な回答を行うシリーズ。

 学生や保護者からの就活に関する質問は、「MyCarrerCenter」お問い合わせフォームで随時送信が可能になっている。


《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)