上野の山で「本物・骨格・作品」のゾウをめぐるツアー開催5/17

趣味・娯楽 その他

上野動物園 アジアゾウ
  • 上野動物園 アジアゾウ
  • 国立科学博物館 骨格標本のゾウ
  • 東京国立博物館 美術作品のゾウ
  • 上野動物園ホームページ
  • 東京ズーネット
 5月18日の「国際博物館の日」を記念して、5月17日、上野動物園、国立科学博物館、東京国立博物館にて、本物のゾウ、骨格のゾウ、作品のゾウを巡る「上野の山でゾウめぐり」ツアーが開催される。参加は無料で、対象は小学5年生~高校3年生。

 5月18日は、国際博物館会議が定めた「国際博物館の日」。博物館が社会に果たす役割について広くアピールすることを目的として設けられたもので、上野の博物館・美術館などの文化施設は、18日の前後を「上野ミュージアムウィーク」と定め、各施設が連携して毎年さまざまなイベントを開催している。

 同ツアーは、上野動物園、国立科学博物館、東京国立博物館の3施設が連携し、各施設の解説員と共にゾウにまつわる展示を見て回るというもの。上野動物園では本物のゾウの観察を行い、国立科学博物館では3種類のゾウの骨格から骨の構造を学び、東京国立博物館ではアジア各地でつくられたゾウの美術作品を見学する。

 動物園と博物館のゾウを一度に巡ることで、ゾウのくらし、体のつくり、人間との関わりなど、さまざまなことに気づき、考えるきっかけになるという。当日は、上野動物園、国立科学博物館、東京国立博物館の順でツアーが行われる。

 参加は無料。定員は30名で、はがきか専用ウェブフォームから事前の申込みが必要。申込締切は4月26日となっている。

◆国際博物館の日記念ツアー「上野の山でゾウめぐり」
日時:5月17日(日)9:00~14:30
会場:上野動物園、国立科学博物館、東京国立博物館
対象:小学5年生~高校3年生(小学生のみの場合保護者1名の同伴が必要)
定員:30名(応募多数の場合は抽選)
参加費:無料
持ち物:筆記用具、昼食、飲み物
申込方法:はがき、または専用ウェブフォームにて申込み
申込期限:4月26日(日)必着
※詳細は上野動物園ホームページ、東京ズーネットにて確認のこと
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)