キレイ文字は子どもに良い影響がある94.5%…ゼブラ「キレイ文字調査」

生活・健康 その他

「キレイ文字教室」
  • 「キレイ文字教室」
  • 「キレイ文字教室」
  • 子どもの手書き文字をキレイだと思うか
  • 子どもの手書き文字を改善したいと思うか
  • 子どもの手書き文字をキレイにするために具体的な対策をとっているか
  • 子どもにとって、キレイ文字をかけると良い影響があると思うか
  • 子どもが手書きをする機会が、自分の子どもの頃よりも減っていると思うか
  • 学校で、キレイ文字を書くための指導が十分に行われていると思うか
 ゼブラは、全国の小中高校生の子どもを持つ男女600人を対象に「キレイ文字調査」を実施。キレイ文字は、「子どもにとって良い影響がある」と思う人は94.5%、「第一印象アップにつながる」と思う人は97.0%と、キレイ文字はメリットがあると感じる人が多いようだ。

 自分の子どもが書く文字について「キレイでない」と回答した人が65.3%、「文字に点数をつけるとしたら」平均点は、52.7点だった。また、「子どもがもっとキレイ文字が書けるように改善したい」と回答した人は79.0%だったのに対し、「現在文字の改善に具体的な対策を打っている」と回答した人は11.0%だった。

 「(自分自身が)子どもの頃に比べて手書きをする機会」については、「減った」と回答した人は93.7%で、「キレイ文字がかけると、子どもに良い影響がある」と思っている人は94.5%という結果だった。

 「子どもが手書きをする機会」に対する回答は、親自身の子ども時代に比べて「減っている」とした人が71.0%だった。また、「学校での手書き文字指導」については80.3%が「十分とは思わない」と回答した。今後のIT化社会の中でも、文字を手書きするという行為は「なくならない」と考えている人が77.8%、「子どもに手書き文字の指導が必要」と感じている人が93.3%と、非常に多いようである。

 同社では、特製の「キレイ文字ノート」を使い、キレイ文字のコツを学ぶ「キレイ文字教室」を全国10か所の小学校・中学校・高校で開催。授業の最後には、生徒がキレイ文字に気持ちを込めて、先生にあてた「ありがとうカード」をプレゼントした。その様子をまとめた動画を3月31日より特設ページで公開している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)