近大、地元特産品で「鯉のぼり」を作るイベント4/19開催

趣味・娯楽 その他

河内木綿を使った鯉のぼり
  • 河内木綿を使った鯉のぼり
  • 旧河澄家ホームページ
  • 近畿大学ホームページ
 近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科は、東大阪市指定文化財の旧河澄家にて地元特産品の河内木綿を使った鯉のぼりを作るイベントを4月19日に開催する。端午の節句に向けて親子で体験できるイベントだ。

 同イベントは、東大阪市の文化発信をコンセプトに、旧河澄家指定管理会社と同大コミュニケーション論専攻のゼミ学生7人が取り組む旧河澄家のPRを目的としたプロジェクト。管理会社が4月15日から5月31日に行う端午の節句展と関連して開催される。

 今回作成する鯉のぼりは、地元特産の河内木綿を使用して行われる。河内木綿は、江戸時代から明治時代にかけてさかんに栽培された綿から糸を紡ぎ手織りしたもの。いったんは廃れたが、近年昔ながらの手法を用いて復活を試みる動きがあるという。同大学生は、地元の伝統文化の継承と地域貢献に関わることで、実践的なコミュニケーション力を養うことを目的としている。

 イベントは午前と午後の2回開催。対象は小学生以下で各回定員は50名となっている。指定文化財である江戸時代の旧家、旧河澄家で、地元特産品に親子で触れる体験を通して、地元への理解と認知度を高める狙いがあるという。

◆近畿大学「鯉のぼりをつくろう!」
日時:2015年4月19日 午前9:30~12:00/午後13:00~15:00
会場:旧河澄家(大阪府東大阪市日下町7-6-39)近鉄奈良線「石切駅」徒歩20分
定員:小学生まで各回50人
参加費:無料
申込方法:電話または旧河澄家Webサイトにて申込み
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)