母親にやさしい国、上位は北欧諸国…日本は179か国中32位

生活・健康 その他

母の日レポート2015
  • 母の日レポート2015
  • 上位10か国
  • 下位10か国
  • 上位90か国
 お母さんにやさしい国ランキングは、1位「ノルウェー」、2位「フィンランド」、3位「アイスランド」で、日本は179か国中32位であることが、国際NGOセーブ・ザ・チルドレンが発表した「母の日レポート2015」より明らかになった。

 「母の日レポート」は、世界のお母さんの置かれた状況を通して子どもについて考えるきっかけを作る目的で、2000年より毎年母の日に合わせて世界各国で発行されている。レポートでは、「妊産婦死亡の生涯リスク」「5歳未満児の死亡率」「公教育の在籍年数」「国民1人あたりの所得」「女性議員の割合」の5つの指標をもとに算出した「お母さんにやさしい国ランキング」を発表。2015年は179か国を対象に集計した。

 お母さんにやさしい国ランキングは、1位「ノルウェー」、2位「フィンランド」、3位「アイスランド」、3位「アイスランド」、4位「デンマーク」、5位「スウェーデン」。上位は北欧諸国が占めた。一方、下位は11か国中2か国を除いて西・中央アフリカの国々が占めた。

 日本は前年と同じ32位となった。日本の順位がほかの先進国よりも低い要因として、女性議員の割合の低さがあげられる。日本の女性議員の割合は11.6%で179か国中140位と、総合ランキング最下位のソマリアよりも低い。

 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの政策提言スペシャリスト大野容子氏は「日本では、少子化対策や女性の社会進出が課題として上がっていますが、女性の議員が増えることで、女性や子どもの課題に優先的に取り組まれ、女性や子どもが暮らしやすい社会をつくっていくことにつながります」と述べている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)