葛西臨海水族園、高校生・大学生対象講座5/31…プランクトンを学ぶ

教育・受験 学習

「やわらかプランクトンの不思議な生活」
  • 「やわらかプランクトンの不思議な生活」
  • 「やわらかプランクトンの不思議な生活」
 葛西臨海水族園では、高校生・大学生を対象とした「海の学び舎」を5月31日に開催する。テーマは「やわらかプランクトンの不思議な生活」。参加希望者は5月24日までに、申込みが必要。前半は講義、後半はお茶を飲みながらの談話会が行われる予定だという。

 葛西臨海水族園では、環境や生き物を探求し、研究することの楽しさなどを、研究者やナチュラリストが紹介するシリーズ講座「海の学び舎」を2014年に引き続き開催する。2015年から、参加対象を高校生だけでなく、大学生にまで広げたという。

 2015年の第1回となる講座は、東海大学海洋学部の西川淳教授による「やわらかプランクトンの不思議な生活」。プランクトンと呼ばれる多種多様な生き物のなかで、ゼラチン質の体をもった「やわらかプランクトン」について学ぶことができる。

 「やわらかプランクトン」は代表的なクラゲのほかに、クシクラゲ、ゾウクラゲ、クリオネ、サルパなどがあげられる。どのように生活しているのか、海の生態系の中での役割は何か、クラゲの大発生はなぜおこるのか、人間活動とどのような関わりをもつのかなどについて、最先端の研究を交えながら紹介する。

 5月31日午後1時半から午後4時まで、葛西臨海水族園本館で開催される。参加費は無料で、入園料も無料となる。定員は30名で、往復はがき、もしくはメールでの申込みが必要。

◆2015年第1回「海の学び舎」
日時:5月31日(日)13:30~16:00
タイトル:「やわらかプランクトンの不思議な生活」
講師:西川淳氏(東海大学海洋学部教授)
場所:葛西臨海水族園本館2階・レクチャールーム
対象:高校生・大学生
定員:30名
参加費:無料(入園料も無料となる)
応募方法:往復はがき、またはメール
※往復はがきは5月24日(日)必着、メールは5月24日(日)送信分まで有効
※応募者多数の場合、抽選を行い、当落にかかわらず連絡がある
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)