ヤフオク! 参加資格を18歳以上から15歳以上に条件付き引下げ

趣味・娯楽 その他

ヤフオク!
  • ヤフオク!
  • ヤフオク! 商品画面例
 Yahoo! JAPANは5月25日より、インターネットオークションサービス「ヤフオク!」の参加資格を、これまでの「18歳以上」から高校就学が可能となる年齢に達している「満15歳以上」に条件付きで引下げると発表した。

 2014年1月に行われた消費者庁の調査によると、15歳から19歳の未成年の約6割がインターネット通販を利用している実態が明らかになったという。ヤフオク!においても、未成年ユーザーのニーズの高まりや、5月13日のスマートフォンアプリ大幅リニューアルにより若年層が利用しやすくなったことを受け、今回の参加資格変更に踏み切ったという。

 新たに対象となるのは、15歳から17歳のユーザーで、中学校在学中のユーザーは対象外となる。なお、利用に際して4つの条件が設けられる。

 利用可能な参加は、入札・落札のみで出品はできない。「アダルト」「自動車車体」「不動産」「酒類」「ナイフ・エアガンなどの危険商品」の一部カテゴリ商品への入札はできないよう制限される。また、1か月の利用料金を上限5万円までとする利用制限を設け、入札にあたり保護者の同意取得が必要となる。

 ヤフオク!では、5月25日からの利用開始に向け、15歳から17歳のユーザーが安心・安全にサービスを利用できるよう、漫画などを用いた利用案内ページを用意。使い方や注意事項を発信するほか、新たな取組みとして高校生などを対象とした「ヤフオク!ワークショップ」などの開催を検討していくという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)