「ちびまる子ちゃん」と星座を学ぶ、5月末より全国で順次上映

趣味・娯楽 その他

(C) さくらプロダクション / 日本アニメーション)
  • (C) さくらプロダクション / 日本アニメーション)
  • (C) さくらプロダクション / 日本アニメーション)
  • (C) さくらプロダクション / 日本アニメーション)
  • (C) さくらプロダクション / 日本アニメーション)
「日曜夕方の顔」として、老若男女問わず愛され続ける国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』が、今年で放送25周年を迎えた。これを記念して、コニカミノルタプラネタリウム配給のもと、初めてのプラネタリウムプログラムを上映することが決定した。
5月末より全国で順次上映予定で、7月18日(土)~8月31日(月)は「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン」(以下“天空”)にて上映される。上映は11時の回で、チケット料金は大人(中学生以上)が1,100円、子ども(4歳~小学生)が500円となる。

また“天空”での公開に先立って、報道関係者やファンに向けての試写会が行われる。
参加者は「ちびまる子ちゃん公式LINEアカウント」の登録者から抽選で選ばれる。
場所は東京都押上にある東京スカイツリータウン、イーストヤード7Fで、開催日時は6月19日(金)18時からとなっている。最新の投映機とドーム環境により、迫力の映像と音響とともに『ちびまる子ちゃん』の世界を堪能することができる。

『ちびまる子ちゃん』といえば、言わずと知れた日曜午後の定番テレビアニメだ。1990年に放送開始となったテレビシリーズは視聴者に愛され続け、最高視聴率39.9%、平均視聴率12.5%という驚異的な成績で今年のテレビ放映25周年を迎えた。

今回のプラネタリウムは「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」と題され、上映時間は約28分間となっている。
学校へ登校中、みぎわさんに出会ったまる子は、星占いに「オシャレをすると幸運が舞い込む」と書いてあったと聞かされる。「今日はラッキー」や「今日はついてない」などがなぜわかるのか不思議に思い、それをきっかけに星座に興味を持ったまる子は、花輪くんが開催する星空観望会に参加することになる。そこで花輪くん達と一緒に「黄道12星座」「太陽系惑星」などについて学んでいく 、といったあらすじだ。

プラネタリウムの上映にあたり、原作者のさくらももこは「子供の頃、キラキラ輝く星たちが神秘的でずっと眺めていたことを今でも思い出します。 昔から今へと時代を超えても同じ星空でつながっていると思うと感慨深いですね。」とコメントを寄せる。

ちびまる子ちゃん達と共に、大人も子供も一緒になって宇宙の神秘に思いを巡らせる、そんな印象に残る体験ができそうだ。

「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン」
planetarium.konicaminolta.jp/tenku/
番組詳細 (番組詳細は5月21日(木)午前10時より閲覧可能)
planetarium.konicaminolta.jp/tenku/program/family/summer_15/

「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン」での上映概要
上映期間:7月18日(土)~8月31日(月)
上映時間:午前11時の回
チケット料金:大人(中学生以上):1,100円、子ども(4歳~小学生):500円

「ちびまる子ちゃん」と星座を学ぶ 人気アニメから初のプラネタリウムプログラム

《相馬 亨》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)