【夏休み】JR、夏の増発列車を発表…ポケモントレインほか登場

生活・健康 交通・クルマ

ポケモントレイン
  • ポケモントレイン
  • プラレールカー
 JR東日本とJR西日本、JR東海は7月1日~9月30日の臨時列車運転計画を発表した。一ノ関・気仙沼間にはポケモントレインが走り、新大阪・博多間には山陽新幹線500系こだま号がプラレールカーを連結して運転する。

 JR各社は、夏休みや秋の大型連休(9月19日~23日の5連休)を中心に旅行や行楽、帰省に便利な列車を増発する。

 JR東日本では、北陸新幹線「かがやき」を増発し、東北地方の夏祭りに合わせて新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「こまち」の臨時列車を運転する。お盆期間や秋の大型連休には新幹線を各方面に増発する。

 また、在来線は左沢線(山形・左沢間)にC11が牽引する「SL山形日和。左沢線号」、羽越本線(村上・酒田間)に「SL山形日和ファイナル」「SL笹川流れ秋風号」、釜石線(花巻・釜石間)に「SL銀河」が走る。大船渡線(一ノ関・気仙沼間)にはポケモントレイン気仙沼号が登場し、期間限定で新しいヘッドマークで運転する。

 JR西日本では、東海道・山陽新幹線直通の「のぞみ」と山陽・九州新幹線直通の「みずほ」「さくら」、山陽新幹線の「ひかり」を増発する。新大阪・博多間には山陽新幹線500系こだま号(741号と730号)がプラレールカーを連結して運転する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)