コンビ、チャイルドシート12万台リコール

生活・健康 交通・クルマ

コンビ・ネルームシリーズ
  • コンビ・ネルームシリーズ
  • 改善箇所
  • 改善箇所
コンビは8月31日、チャイルドシート「ネルーム/ネセルターン」などの腰ベルトおよび股ベルト取付け部や回転操作レバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「ネルーム/ネセルターン」「レカロスタートイクス」「ネルーム/ネセルターンISOFIX」「ママロン」の4製品で、2013年10月21日から2015年7月24日に製造された11万9897台。

腰ベルトおよび股ベルト取付け部については、製造管理が不適切なため、腰および股ベルトの取付け部が嵌合不良となっているものがある。そのため、衝突時にベルトが外れて、乗員を確実に拘束できないおそれがある。

改善措置として、全装置点検し、嵌合不良防止部品を組み付ける。不具合は74件発生、事故は起きていない。

回転操作レバーについては、レバーに取り付けられているロッドカラーと操作スイッチ(ストッパー)の寸法のバラツキを考慮していないため、双方が接触して、回転操作レバーが元の位置に戻らないことがある。そのため、チャイルドシートの回転を固定させるためのロック機構が作動できず、チャイルドシートの回転が固定できないおそれがある。

改善措置として、操作ユニット一式を対策品に交換する。不具合は825件発生、事故は起きていない。

いずれも市場からの情報により発見した。

【リコール】コンビのチャイルドシート12万台…ベルト取付部や回転ロック機構に不具合

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)