神奈川県「いのちの授業」作文募集…10/16まで

教育・受験 その他

「いのちの授業」感動作文募集
  • 「いのちの授業」感動作文募集
  • 応募規定
  • いのちの授業
  • 平成26年度の実践事例
 神奈川県は、県内の国公私立の小学生・中学生・高校生・特別支援学校の児童・生徒を対象に、「いのちの授業」を通じて感じたことを書いた作文を募集する。募集期間は6月1日~10月16日。

 いのちの授業とは、学校の授業や行事、地域での活動などさまざまな場面で「いのちの大切さ」や「他人への思いやり」を伝え、共に学びあう取組み。各学校では、各教科、道徳の時間、総合的な学習の時間、食育やキャリア教育など、あらゆる教育活動を通して展開しているという。Webサイトでは実践事例を紹介している。

 3回目となる今回は、学校の授業を通して感じた「いのちの大切さ」や「他人への思いやり」等の作文を募集する。作文は800字以内でまとめ、必要事項を明記のうえ、10月16日(当日必着)までに応募する。

 審査を経て、大賞(知事賞)と優秀賞、その他特別賞を表彰する。表彰式は平成28年1月末を予定している。過去の受賞作品はWebサイトに掲載されている。

◆「いのちの授業」大賞募集要項
募集内容:「いのちの授業」を受けて感動したことが書かれた作文(800字以内)
部門:小学生の部、中高生の部
参加対象:県内の国公私立、小学生・中学生・高校生・特別支援学校の児童・生徒
募集期間:平成27年6月1日(月)~10月16日(金)当日必着
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)