【学校ニュース】札幌大、創価大、大東文化大、多摩大、東京理科大、テンプル大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。5月29日は札幌大学、創価大学、大東文化大学、多摩大学、東京理科大学、テンプル大学ジャパンキャンパスの情報を紹介する。

・【札幌大学】札幌大学が7月17日に「親子でつくる『蜜ろうキャンドル』&『札大の森』のミツバチのお話」を開催―「カルチャーナイト2015」参加行事
 札幌大学は7月17日に、「親子でつくる『蜜ろうキャンドル』&『札大の森』のミツバチのお話」を開催する。これは、北海道の地域文化活動「カルチャーナイト2015」の参加行事として開かれるもの。小学生と保護者を対象に、「札幌大学の森」の中で飼育されているミツバチの作る「蜜ろう」を使ったキャンドルづくりを行う。参加無料、要事前申し込み。

・【創価大学】創価大学がソーシャルメディアの特性を生かして、多様なコミュニケーション活動を展開
 創価大学ではFacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアのそれぞれの特性を生かして、大学の最新情報を多角的に発信。在学生はもちろん、保護者やOB・OG、受験生、社会人など、ステークホルダーとの多様なコミュニケーション活動に取り組んでいる。

・【大東文化大学】大東文化大学が2016年度入試より「グリーン出願」を導入―総合大学では初~入学検定料の一部が社会貢献に~
 スクールカラーにグリーンを基調とする大東文化大学では、2016年度入試より「グリーン出願」を導入。紙資源保護のため紙による志願票を全面的に廃止し、「自然環境にやさしい」オールインターネット出願とする。これにより、手続きの負担を減らすとともに、従来の入学検定料の割引内容の拡大・充実を図るなど「受験生にやさしい」制度となっている。なお、入学検定料の一部は日本ナショナル・トラスト協会に寄付される。

・【多摩大学】多摩大学経営情報学部が「志」AO入試「体育会(フットサル)特別給費生奨学金制度」を実施―マネジメントスタッフも同時募集
 多摩大学(東京都多摩市)経営情報学部は今年度も、「志」AO入試コミュニケーション型I期を対象とした「体育会(フットサル)特別給費生奨学金制度」を実施する。これは、同入試の面談結果が合格基準をクリアし、さらにフットサル実技試験の結果、特別給費生としての基準に達した者の中から奨学金(最大96万円)を給付するもの。プレーヤーだけでなく、マネジメントスタッフも同時募集する。

・【多摩大学】多摩大学が7月26日のオープンキャンパスで「サンリオピューロランドで多摩大生と一緒にゼミ体験」を開催
 多摩大学(東京都多摩市)は7月26日、オープンキャンパスのイベントとして「サンリオピューロランドで多摩大生と一緒にゼミ体験」を開催する。同大では、オープンキャンパスでさまざまな「体験」プログラムを用意しており、これはその一環として行われるもの。受験生はサンリオピューロランドをテーマにしたゼミの学生たちの説明を聞きながらテーマパークの裏側を見学した後、大学でゼミの体験ができる。要予約。

・【東京理科大学】東京理科大学が6月6、7日に第10回サイエンスフェア「科学へのトビラ」を開催―物理・生物・科学・地球科学…全17企画の理科体験
 東京理科大学は6月6日、7日に、小・中学生を対象とした科学啓発イベント「第10回サイエンスフェア『科学へのトビラ』」を開催する。これは、理学系・工学系のサークル等に所属する学生17の団体が、理工系全般にわたるさまざまな実験等を行い、理科や算数を通じて科学や技術を楽しみながら学んでもらうというもの。入場無料、事前申込み不要。

・【テンプル大学ジャパンキャンパス】小中高校生向け、夏休みには「100%英語漬け」プチ留学体験を~テンプル大学ジャパンキャンパスがお届けする夏限定集中プログラム~
 テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク、以下TUJ)は小中高校生を対象に、この夏もさまざまな短期集中の英語プログラムを開催する。毎年好評の多彩な内容がさらにパワーアップし、中学1年生と小学5・6年生のプログラムではそれぞれ美術、科学、算数など学校の科目をテーマに英語で学ぶ。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)