東京都、小5と中2全員対象の学力調査を7/5実施…問題と回答を公開

教育・受験 学校・塾・予備校

2012年度 小学校 児童質問紙調査票
  • 2012年度 小学校 児童質問紙調査票
  • 2012年度 小学校 学校質問紙調査票
  • 2012年度 中学校 生徒質問紙調査票
  • 2012年度 中学校 学校質問紙調査票
 東京都教育委員会は7月5日、2012年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を実施した。調査対象は、都内公立小学校5年生(全数)1,304校93,297名と、都内公立中学校2年生(全数)631校77,416名。

 都教育委員会は、「2020年の東京への実行プログラム2012」で打ち出しているとおり、東京都の公立小中学校における児童・生徒の学力の状況を把握するために実施した。これらの結果をもとに、今後の教育行政施策に生かすという。

 調査内容について、小学校は、国語・社会・算数・理科の4教科をそれぞれ40分実施し、中学校は、国語・社会・数学・理科・英語の5教科をそれぞれ45分実施した。これに加え、児童・生徒の意識や生活状況を問う「児童・生徒質問紙調査」と、学校の指導方法を問う「学校質問紙調査」を行った。

 児童・生徒質問紙調査には、教科の理解度や好き嫌いを5段階で評価する項目や、読書時間、朝食を食べたかどうかを問う項目などが盛り込まれている。

 調査票の内容や各教科の問題と回答は、都教育委員会のWebサイトで公開されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)