東京おもちゃショー、親子でクルマを楽しむ体験ブース

趣味・娯楽 その他

「Camatte Vision」(ブースイメージ)
  • 「Camatte Vision」(ブースイメージ)
  • Camatte はじめ
  • Camatte はじめ
  • 消防車
  • パトカー
  • ホットドッグ屋
  • 救急車
トヨタ自動車は、6月18日から21日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2015」に、親子で身近にクルマを楽しむブース「Camatte Vision(カマッテ ビジョン)」を出展する。

「Camatte Vision」は、親子でクルマに触れ、語り合う楽しさを一緒に体験することで、クルマが持つ「夢・楽しさ」を伝えることを目指したブースだ。展示するコンセプトカー「Camatte はじめ」は、シートベルトを着用し、ハンドルを回すことやアクセル・ブレーキペダルを踏むことなど、クルマの操作を実際に体験できる。室内は、「前席1、後席2」の三角配列シートで、親子が近づいて座れるように各シートの間隔を狭めて密着感を高めている。

また、ブース内には、クルマが走る街並みを想定した「走行コースの模型」を設置。子どもがタブレット端末の画面を通して「走行コースの模型」を見ると、ARにより自分のクルマで、走行コースを走る疑似体験ができる。

走行コースを走る自分のクルマは、「Camatte はじめ」など「Camatte」シリーズをベースとした救急車、パトカーなど13種類の中から子どもが自分好みのタイプを選び、12色を使ってカスタマイズしたもの。さらに、ブースで撮影した写真を使って、親子が乗車しているように表示される。

【東京おもちゃショー15】トヨタ、親子でクルマを楽しむ「Camatte Vision」を出展

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)