Classiが教育系出版社5社と連携…問題集など使い放題の新サービス提供

教育ICT ソフト・アプリ

Classi
  • Classi
  • 問題検索画面・イメージ
  • 学習進度確認画面・イメージ
 Classi(クラッシー)は、学習支援クラウドサービス「Classi」のオプションサービスとして教育系出版社5社と連携して教材を配信する「プレミアムパック(以降、すべて仮称)」の提供を2015年夏に開始する。

 同社は2014年11月11日にソフトバンクとベネッセホールディングスにより合弁会社として設立され、2015年4月より学校教育でのICT活用を支援するクラウドサービス「Classi」を提供している。

 今回新たに提供される「プレミアムパック」は、連携した各出版社から提供される各教科のベストセラー問題集を中心とした問題が、「Webテスト」上で使い放題になるサービス。「Webテスト」はClassiの機能のひとつで、問題選定から生徒への配信・集計を簡単に行えるもの。

 新サービスは、先生が小テストや宿題で活用するだけでなく、生徒自身が問題を検索して自学自習することも可能。良質な教材をもつ教育系大手出版社と連携することで、今まで以上に生徒ひとりひとりの理解度や目標に応じた教材提供を可能にすることを目標としている。

 参画予定の出版社は、学研教育出版、桐原書店、数研出版、尚文出版、山川出版社。

 同社は今後、生徒ひとりひとりにより最適化した学習支援をしていくため、生徒個別に最適な学習問題を提供できる機能の追加を検討しており、「先生の教育効果の向上と、生徒の学習効果の向上を推進していく予定」としている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)