富裕層女性の7割が「子供の教育にはお金を惜しまない」

生活・健康 その他

1カ月あたりの自由に使えるお金
  • 1カ月あたりの自由に使えるお金
  • 資産運用に関する関心・態度
 富裕層女性の27.5%が「1か月間に20万円以上を自由に支出」しており、彼女たちの74.8%が「子供の教育にはお金を惜しまない」と考えている――国内富裕層女性の消費行動に関する調査結果が、24日に発表された。

 今回、この「日本の富裕層世帯を対象にした女性の意識・消費行動調査」を行ったのは、株式会社電通(東京都港区)と株式会社ハースト婦人画報社(東京都港区)。世帯純資産が1億円以上の世帯、もしくは世帯年収が2000万円以上の世帯を「富裕層世帯」と定義。そのうち20代~60代の女性309人を対象として、今年2月にインターネットで調査が行われた。

 「1か月あたりの自由に使えるお金」という質問では、上限なしと回答した16.8%を含め、富裕層女性の27.5%が20万円以上を自由に使えると回答。一方、富裕層ではない一般女性を対象とした調査では、同じ質問に「20万円以上」と回答した人は、全体のわずか0.3%だった。

 また、資産運用について「関心がある」と回答した富裕層女性は61.5%(一般女性が25.5%)。実際に資産運用を積極的に行っている富裕層女性は35.0%(一般女性が7.2%ぎぐz)に及んでいる。このうち、具体的な資産運用の内容については、富裕層女性の65.4%(一般女性が6.3%)が「国内株式投資」と回答した。

 なお、今回の調査では、富裕層女性の74.8%が「子供の教育にはお金を惜しまない」と考えている事が判明している。さらに、59.2%が自身の子供に「外国留学をさせたい」と回答した。

 その他の回答を見てみると、富裕層女性は「海外文化より日本文化が好き」、「草食系男子より肉食系男子が好き」といった傾向があることも明らかになっている。近年、富裕層をターゲットにしたビジネスへの注目が高まる中で、彼女たちの積極的な消費志向が証明された結果といえるだろう。

富裕層女性の27.5%が「1カ月間に20万円以上」を自由に使っている

《オフィス本折/H14》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)