難関国立大現役進学率・東日本編、Top3は首都圏の中高一貫校

教育・受験 受験

難関9国立大現役進学率ランキング2015(東日本編)
  • 難関9国立大現役進学率ランキング2015(東日本編)
  • キャンパスナビネットワーク
 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は6月25日、難関9国立大現役進学率ランキング2015(東日本編)を発表した。1位「筑波大学附属駒場」で、上位10校のうち7校は首都圏の国立と私立の中高一貫校が占めた。

 ランキングは、東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京工業大学、一橋大学の9大学への2015年度入試における現役進学者率(進学者数/卒業生数)の高い順に並べたもの。

 難関9国立大現役進学率は、「筑波大学附属駒場」が54.1%ともっとも高く、「聖光学院」41.2%、「駒場東邦」39.7%、「札幌北」36.5%、「開成」36.1%、「桜蔭」31.9%が続いた。1位の「筑波大学附属駒場」は2015年春、卒業生の2人に1人が現役で東大に進学したという。

 上位20校のうち、公立校は「札幌北」「仙台第二」「札幌東」「札幌南」「仙台第一」「山形東」と、北海道と宮城、山形の進学校がランクイン。同サイトは「いずれの学校も、北海道大と東北大に圧倒的に強いことが要因となっている」と分析している。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆難関9国立大現役進学率ランキング2015(東日本編)
1位「筑波大学附属駒場」54.1%
2位「聖光学院」41.2%
3位「駒場東邦」39.7%
4位「札幌北」36.5%
5位「開成」36.1%
6位「桜蔭」31.9%
7位「仙台第二」29.2%
8位「札幌東」28.7%
9位「麻布」28.4%
10位「海城」27.2%
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)