近畿大、最先端の金属3Dプリンター技術セミナー開催

教育・受験 学校・塾・予備校

近畿大学が第1回次世代ものづくり技術セミナーを開催
  • 近畿大学が第1回次世代ものづくり技術セミナーを開催
  • 金属3Dプリンタ「SLM280HL」
 近畿大学工学部は7月31日、「第1回次世代ものづくり技術セミナー」を開催する。テーマは金属粉末を材料とする、最先端の金属3Dプリンター。

 従来の3Dプリンターは樹脂材料が主流だが、金属3Dプリンターは金属の粉末を材料とするため、インプラントといった医療分野をはじめ、自動車や航空機など、樹脂材料とは異なる産業分野への利用も期待される。

 セミナー当日は、「EOS社ハイエンド3Dプリンタの特徴と活用事例」「SLM社金属3DプリンタとLPW社パウダーの特徴と活用事例」「金属3Dプリンタの造形ソフトウエアについて」というテーマで講演会を開催。希望者には金属3Dプリンター「SLM280HL」の見学会も実施する。

 開催会場は近畿大学工学部メディアセンター(広島県東広島市)、定員は120人、入場無料。申し込みは近畿大学次世代基盤技術研究所のホームページからダウンロードできる申込書からで、締め切りは7月24日。

近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学

《加藤/H14》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)