高校生による学会のような研究発表会、参加者募集

 明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)は10月11日開催の「高校生による現象数理学研究発表会」参加者を募集している。現役大学院生が学会で行うような口頭発表やポスター発表を高校生が体験し、優秀発表には表彰も行う。申込みは7月31日まで。

教育・受験 学校・塾・予備校
高校生による現象数理学研究発表会
  • 高校生による現象数理学研究発表会
  • ポスター発表のようす
 明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)は10月11日開催の「高校生による現象数理学研究発表会」参加者を募集している。現役大学院生が学会で行うような口頭発表やポスター発表を高校生が体験し、優秀発表には表彰も行う。申込みは7月31日まで。

 同イベントはMIMSが2011年から開催し、今回で5回目となる。高校生に自主研究の成果を発表する機会を提供し、現象数理学の奨励と普及を図ること目的としている。

 発表のテーマは「身の回りの現象を数理の目で見る!」。当日は数理の専門家が審査にあたり、最後に優秀発表の表彰も行う。

 2014年には8件の口頭発表と14件のポスター発表があり、口頭発表では「ワクチン効果を考慮したSIRモデルによるインフルエンザ感染者数予測」「最適なクモの巣の形とは?~獲物の捕獲率に関する数学的な考察~」、ポスター発表では「和音の研究」「あみだくじの不公平性」といった発表が高校生により行われた。

 参加費は無料。発表タイトルや口頭発表希望の有無などを明記して7月31日までにメールにて参加申込みを行う。

◆第5回高校生による現象数理学研究発表会
日時:10月11日(日)10:00~16:30(予定)
会場:明治大学中野キャンパス
参加費:無料
申込方法:必要事項明記の上、7月31日(金)までにメールで申し込む
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)