【台風11号】16日夜遅くから17日にかけて上陸するおそれ

生活・健康 その他

台風経路図
  • 台風経路図
  • 台風の暴風域に入る確率
  • 高知県須崎市「台風11号の接近に伴う臨時休校のお知らせ」
 気象庁は7月15日、台風11号の今後の見通しを発表した。大型で非常に強い台風11号は比較的ゆっくりとした速さで北上し、強い勢力を維持したまま、16日には四国や紀伊半島、九州に接近し、16日夜遅くから17日にかけて上陸するおそれがあるという。

 台風11号(ナンカー)は、7月15日午後3時には日本の南の北緯27度30分、東経136度00分にあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいる。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。

 台風の接近に伴い、広い範囲で大雨となるおそれがある。東日本や西日本の太平洋側では15日夜から雨が降り始め、東海、近畿、四国を中心に16日から17日にかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降ると予想される。

 台風11号は動きが遅く、東京地方では16日は断続的に1時間に30ミリ以上の激しい雨の降るおそれがあり、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれもある。16日18時までの24時間に予想される降水量は、多い所で東京地方200ミリ、17日18時までの24時間に予想される降水量は多い所で100~200ミリの見込み。

 気象庁では大雨のほか、暴風・高波、高潮、竜巻突風に厳重な警戒を呼びかけている。

 なお、高知県須崎市では、7月16日と17日の両日、市内すべての公立小中学校を臨時休校とすることを決定した。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)