JAXA、はやぶさ2が目指す小惑星「1999 JU3」の名称案募集

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2014年12月3日に種子島宇宙センターから打ち上げた「はやぶさ2」が目指す小惑星「1999 JU3」の名称案を7月22日より8月31日まで募集する。誰でも何回でも応募できる。

生活・健康 その他
名称案募集
  • 名称案募集
  • 小惑星の名称の規約
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2014年12月3日に種子島宇宙センターから打ち上げた「はやぶさ2」が目指す小惑星「1999 JU3」の名称案を7月22日より8月31日まで募集する。誰でも何回でも応募できる。

 「はやぶさ2」プロジェクトマネージャーの津田雄一氏によると、現在順調に飛行中の「はやぶさ2」は、2018年6~7月頃に小惑星「1999 JU3」に到着し、リモートセンシングによる観測、ローバ・ランダの投下、サンプル採取、クレーター生成などの運用を行った後、2020年に地球に帰還する計画という。

 小惑星「1999 JU3」の名称案は、7月22日午後1時30分~8月31日午前10時(日本標準時)に募集する。小惑星の名称案は、英語のアルファベットで16文字以下であること(日本語の場合はローマ字表記)、攻撃的なものや不快にさせるようなものであってはならない、すでにある小惑星や衛星と似た名前は避けるなど、国際天文学連合(IAU)が定めるルールがある。現在登録されている小惑星の一覧は「Minor Planet Center」のWebサイトまたは国立天文台のWebサイト「惑星の衛星数・衛星一覧」で確認できる。

 選考の後、名称決定は早くて2015年11月末頃となる予定。名称案が採用された場合のみ、応募者に連絡する。

◆「1999 JU3」の名称案募集
応募受付期間:7月22日(水)13:30~8月31日(金)10:00(日本標準時)
応募条件:誰でも、何回でも応募できる。年齢、国籍など一切不問。
応募方法:はがきかWebフォームで応募できる。また、JAXA相模原キャンパス特別公開(7月24日、25日)の会場では当日専用の記入用紙により応募可能。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)