「東京都子供・若者計画」都民から意見を募集…8/4まで

 東京都は、全ての子どもと若者が青年期に社会的自立を果たすことができるよう、その成長を社会全体で応援することを目的とした「東京都子供・若者計画」の策定にあたり、8月4日まで都民から広く意見を募集している。

生活・健康 その他
東京都子供・若者計画の対象
  • 東京都子供・若者計画の対象
  • 東京都青少年・治安対策本部
 東京都は、すべての子どもと若者が青年期に社会的自立を果たすことができるよう、その成長を社会全体で応援することを目的とした「東京都子供・若者計画」の策定にあたり、8月4日まで都民から広く意見を募集している。

 「東京都子供・若者計画」は、ニートやひきこもり、児童虐待、いじめ、不登校、有害情報の氾濫など、子ども・若者に関わる諸問題が深刻化している現代の状況を踏まえ、すべての子ども・若者が健やかに成長し、円滑に社会生活を営むことができる社会の形成を目指して、東京都の子ども・若者育成支援施策の一層の推進を図ることを目的に策定が進められているもの。

 計画の対象となる子ども・若者の範囲は、国が定めた「子ども・若者育成支援推進大綱」を勘案し、乳幼児期から青年期(0歳~30歳)までの青少年としているが、施策によっては40歳未満までのポスト青年期も対象とするという。また、計画の実施期間は平成27年度から平成31年度までの5年間としている。

 東京都の取組みの現状としては、すべての子ども・若者の健やかな成長と社会的自立を支援するための基礎の形成や学びの機会の確保のほか、社会的自立に困難を有する子ども・若者やその家族の支援、子ども・若者の健やかな成長を社会全体で支えるための環境整備などを進めている。

 一方、今後の課題として「区市町村子供・若者計画」の策定と「子供・若者支援地域協議会」の設置促進、個別の支援体制では解決できない困難を抱える子ども・若者を身近な地域で支援する体制の整備をあげている。

 東京都青少年・治安対策本部では、7月22日から8月4日までの間、地域の子ども・若者の現状や支援に対する意見、地域での取組み例など、広く都民の意見を募集している。郵送、FAX、メールにて意見を提出することができる。なお、意見に対する個別の回答は行わない。

◆「東京都子供・若者計画」に関する意見募集
募集期間:2015年7月22日(水)~8月4日(火)
提出方法:郵送、FAX、メールのいずれか(郵送の場合は8月4日必着)
提出先:東京都青少年・治安対策本部総合対策部青少年課 意見募集担当
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)