PDFに声と手書き描写を付加し教育活用「SkyPDF for Talking」

教育ICT ソフト・アプリ

活用シーン
  • 活用シーン
  • 「SkyPDF for Talking」を使った動画再生シーン
  • 作成イメージ
  • 視聴イメージ
  • 製品概要
  • 価格
 スカイコムと教育情報サービスは、PDF上で動画を制作、再生できる製品「SkyPDF for Talking」を開発し、7月末に提供開始した。価格は1ライセンス15,000円(税抜)。学校や塾、自宅学習での活用が想定される。

 宮崎県および宮崎市の誘致企業であるスカイコムと同県および同市の立地企業である教育情報サービス(KJS)が2014年1月に「SkyPDF for Talking」の製品コンセプトを完成。開発・販売方法などの調整を重ね、2014年4月にKJSが経産省のものづくり事業に採択され、開発を加速。両社は約1年半かけて同製品を完成させた。

 「SkyPDF for Talking」は、PDFファイル上に「音声」と「手書き描写」で解説や説明を加えられるので、テキストや画像だけではわかりづらい微妙なニュアンスを伝えることができる。また、動画制作を簡単に行うことができ、大掛かりな設備や専門知識が不要。ファイルサイズは3分の動画で約1MBと小さく、表示に時間がかからない。

 価格は、コンテンツの作成と視聴ができる「SkyPDF for Talking」が1ライセンス15,000円(税抜)、コンテンツの視聴のみできる「SkyPDF for Talking Viewer」が1ユーザー100円(50ユーザまで・月額)。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)