全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール、曲は剛力彩芽「相合傘」とDISH//「KLAP」

教育・受験 学校・塾・予備校

全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール
  • 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール
  • 規定曲部門の振り付け
 学級単位でリズムダンスを発表する「第3回 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」全国大会が12月26日、27日の2日間、赤坂BLITZで開催される。今回から小学生も対象となった。受付けは9月1日から開始。主催は同コンクール実行委員会。

 同コンクールは、リズムダンスを通じて人間性の育成や体力向上を目的とし、全国大会という目標を掲げることでダンス学習に興味を持ち教育の一環として貢献できるようにするもの。体育の授業の延長線上を目指す大会のため、小・中学校の1学級単位でのエントリーになる。

 中学生の応募資格は、1クラス過半数もしくは女子過半数、男子過半数という形でエントリーすること。クラス内で分割して複数のエントリーはできない。エントリーは学校長の推薦が必要で、規定曲か自由曲部門のどちらかを選ぶ。小学生は3年生以上で、1クラス単位2人以上40人以下が対象となる。

 規定曲は剛力彩芽さんの「相合傘」とDISH//の「KLAP」に決定している。専用サイトでは、応援メッセージや規定の振り付けが紹介されている。自由曲部門は、自由に曲を選び、生徒で自由に振りを考える。楽曲は1分30秒以上2分以内に収める。30秒以上、全員が同じ振りをする「全員振り(ユニゾン)」を必ず入れること。

 エントリーは9月1日開始予定。規定曲または自由曲のどちらかを選び、出場者のダンスを撮影したデータを郵送かメールで送る。ただし、石川県、愛知県、三重県、岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、広島県、福岡県、鹿児島県、沖縄県は地方大会があり、そのほかの地域は東京の全国大会事務局あてに申し込む。地区によって、エントリー開始日が異なるので確認が必要。小学生の地方大会はない。

 1次選考の結果は11月15日に公式サイトで発表し、全国大会は12月26日に自由曲部門、27日に規定曲部門が開催される。

◆第3回「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」全国大会
日時:12月26日(土)、27日(日)
会場:赤坂BLITZ(港区赤坂5-3-2 赤坂サカス内)
エントリー受付期間:9月1日(火)~10月31日(土)必着
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)