車両撮影や床下探検…10/18「荒川線の日」記念イベント

生活・健康 未就学児

都電荒川線の車両
  • 都電荒川線の車両
  • オリジナルグッズも販売
 東京都交通局は、10月18日に「2015荒川線の日」記念イベントを開催する。都電として唯一残っている荒川線の魅力を広く知ってもらうため、車両撮影会や物品販売、車庫内や車両床下探検などさまざまなイベントを実施する。

 かつて都内の交通機関の主役として活躍していた都電は、自動車の普及とともにつぎつぎと廃止され、最後まで残った2路線を一本化して昭和49年10月1日に誕生したのが現在唯一残る都電荒川線となった。東京都交通局では、この10月1日を「荒川線の日」として記念イベントなどを開催している。

 2015年は、10月18日に記念イベントを実施。都電荒川線「荒川車庫前」下車すぐの荒川電車営業所にて、新型車両8901号や8902号の車両撮影会や、都電荒川線オリジナルグッズ、車両関連廃品の販売、地域PRコーナーの物品販売などが開催される。

 また、普段見ることのできない「車庫内見学」や「車両の床下探検」を行うほか、都電鉄道模型の展示、都電荒川線のレール切断実演、都バスや銚子電鉄、東急電鉄、ひたちなか海浜鉄道の出展など、都電に関するさまざまなプログラムが組まれている。

 当日は、都電荒川線マスコットキャラクターの「とあらん」と都バスマスコットキャラクターの「みんくる」も登場。都電荒川線の車両前で、帽子と制服を身に付けての写真撮影もできるなど、子どもから大人まで都電の魅力を存分に楽しむことができそうだ。参加は無料。「車両の床下見学」のみ事前申込みが必要となっている。

◆「2015荒川線の日」記念イベント
日時:2015年10月18日(日)10:00~13:00(雨天決行・荒天中止)
会場:荒川電車営業所(都電荒川線「荒川車庫前」下車すぐ)
参加費:無料、入退場自由

【車両の床下探検】
時間:10:30~、10:50~、11:10~、11:30~、11:50~、12:10~
対象:小学生とその保護者(1組2名)
申込方法:往復はがきに必要事項を記入のうえ郵送にて申し込む
申込締切:10月5日(月)当日消印有効※申込多数の場合は抽選
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)