爆弾低気圧、10/2関東朝に影響か…各校緊急対応に注意

生活・健康 保護者

ウェザーニューズ 予想天気図と爆弾低気圧の予想進路
  • ウェザーニューズ 予想天気図と爆弾低気圧の予想進路
  • ウェザーニューズ 雨・風ピーク予想
  • ウェザーニュース
  • 気象庁
 ウェザーニューズは、10月1日から2日にかけて爆弾低気圧が襲来し、西から段々と荒天になることを発表した。2日の朝は関東でも交通機関に影響が出る恐れがある。交通への影響は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「交通への影響予測」でも確認可能。

 ウェザーニューズの10月1日15時時点での予報によると、10月1日から2日は爆弾低気圧の影響で西から段々と荒天になるとされている。1日夜から2日朝にかけては、関東や北日本も天気は下り坂となり、1日の帰路では傘が必要となりそうだ。

 猛発達する爆弾低気圧は、日本海を通過して西日本・関東南岸・北陸・北日本を中心に広い範囲で暴風雨となる予想。風が強まるピークは、西日本では1日昼頃から夜、東日本では1日夜遅くから2日早朝、北日本では1日夜遅くから2日夜。鉄道の運行や航空の運航などが遅延・中止となる可能性があるため、続報に注意したい。

 なお、関東南岸では風のピークが2日朝の通勤・通学時間帯と重なり、交通機関に非常に大きな影響が出る恐れがあるとされている。北陸や北日本周辺の海上は、1日夜~2日にかけて大しけとなる予想。大潮の時期であるため、北~西日本では高潮に注意が必要。

 予報されている爆弾低気圧による大雨・強風の影響から、秋田県能代市の中学校や福島県伊達郡の小学校、札幌市立の中学校の一部は公式ブログやWebサイトで2日当日の対応について掲載している。学校によって、2日に予定されている学校祭を日程を変更したり、緊急メールで連絡をする旨を再掲しており、児童や生徒たちの安全に注意を促している。

 爆弾低気圧による交通機関への影響は、スマホアプリ「ウェザーニュース」の「交通への影響予測」で確認できるほか、気象庁の天気予報や日本気象協会による「tenki.jp」でも最新情報を配信中。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)