生活・健康 保護者ニュース記事一覧

殴ることと愛情を込めてたたくことは違う?体罰禁止のための質問集発行 画像
未就学児

殴ることと愛情を込めてたたくことは違う?体罰禁止のための質問集発行

 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは子どもの虐待予防に向けた活動の一環として、体罰を禁止する法律を作ろうとするときに国や文化の違いに関わらず共通してよく質問される内容をまとめた「子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集」を発行した。

絵本プロジェクター「Dream Switch」販売台数10万台突破 画像
未就学児

絵本プロジェクター「Dream Switch」販売台数10万台突破

 セガトイズは2019年3月、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」が発売から1年4か月でシリーズ累計販売台数10万台を突破したと発表した。育児奮闘中の保護者から、「子どもに早く寝なさい、と言うことが少なくなった」と好評だという。

小学校の卒業式では何を着る?子ども・保護者の服装について 画像
オリーブオイルをひとまわし

小学校の卒業式では何を着る?子ども・保護者の服装について

 小学校の卒業式では、制服のある小学校ではない場合、何を着せたらよいか迷うことは多く、保護者の服装も何が適切か判断するのは難しい。そこで今回は小学生の男の子・女の子・保護者それぞれの「卒業式に相応しい服装」を考える。

ドコモ×富士通、エコー画像などアプリで確認「妊婦健診 結果参照サービス」 画像
その他

ドコモ×富士通、エコー画像などアプリで確認「妊婦健診 結果参照サービス」

 NTTドコモと富士通は、ドコモの「母子健康手帳アプリ」と富士通の健康医療情報管理基盤を連携し、妊産婦が健診結果などの情報を病院に赴くことなくスマートフォンで参照できる「妊婦健診 結果参照サービス」の提供を開始する。

卒業式にふさわしい親の服装選び 画像
オリーブオイルをひとまわし

卒業式にふさわしい親の服装選び

 卒業式は子どもにとっても親にとっても大切な節目のひとつ。今回は、卒業式で悪目立ちしないため、セレモニーにふさわしい母親・父親の「適切な装い」とは何かを考えてみる。

段差を効率的に発見する技術、国交省が公募…ベビーカーを使いやすく 画像
保護者

段差を効率的に発見する技術、国交省が公募…ベビーカーを使いやすく

 国土交通省は2019年3月6日、歩道でベビーカーが乗り越えにくい段差を効率的に発見する新技術を公募すると発表した。

「五月人形を飾らない」約3割、置く場所や片付けなどが理由 画像
保護者

「五月人形を飾らない」約3割、置く場所や片付けなどが理由

 0歳~10歳の男児を持つ保護者の30.4%が「こどもの日に五月人形を飾らない」と回答していることが、人形工房「ふらここ」が発表した調査結果より明らかになった。飾らない理由は、「置く場所がない」「飾る場所がない」「片付けが面倒」などがあがった。

乳児用液体ミルク、グリコと明治に初許可…消費者庁 画像
未就学児

乳児用液体ミルク、グリコと明治に初許可…消費者庁

 消費者庁は2019年3月5日、国内初となる乳児用液体ミルク(乳児用調製液状乳)として、江崎グリコと明治の商品に表示を許可した。常温でそのまま飲める手軽さから、災害現場での利用が注目されているほか、外出時や深夜の授乳などにも使うことができる。

企業の「オヤカク」への意識高まる…親が与える就活資金援助は平均8.4万円 画像
保護者

企業の「オヤカク」への意識高まる…親が与える就活資金援助は平均8.4万円

 ネオキャリアは「就職活動における『企業』と『親』に関する調査」を実施し、その結果を2019年2月27日に発表した。

子どもの進学のための準備費用は増加傾向、月額平均1万7,474円 画像
保護者

子どもの進学のための準備費用は増加傾向、月額平均1万7,474円

 高校生までの子ども、または予備校生・浪人生を持つ親が、子どもの進学費用のための備えとして1か月あたり平均1万7,474円支出していることが、ソニー生命保険が発表した調査結果より明らかになった。過去の調査と比較すると年々増加傾向にある。

知って得するスキルアップの公的支援…セカンドキャリアを考えるママの基礎知識 画像
保護者

知って得するスキルアップの公的支援…セカンドキャリアを考えるママの基礎知識

 育児に忙しくても働いていたい、前職のスキルを生かしたい、新たなスキルを身に付けたい、などママの悩みはさまざま。変化していく働き方に備えて、スキルアップの公的支援を知って賢く活用しよう。

幼児期の「がんばる力」がその後の学習態度などに影響 画像
小学生

幼児期の「がんばる力」がその後の学習態度などに影響

 幼児期に「がんばる力」が高い子どもほど、小学校低学年で「勉強していてわからないときに、自分で考え、解決しようとする」「大人に言われなくても自分から進んで勉強する」という傾向がみられることが、ベネッセの調査結果より明らかになった。

保活で困ること1位「定員数が確認しづらい」を解消…ママスタ保活リリース 画像
未就学児

保活で困ること1位「定員数が確認しづらい」を解消…ママスタ保活リリース

 インタースペースが運営するママ向け情報サイト「ママスタジアム」は、保育園探しをサポートするコンテンツ「ママスタ保活」の提供を開始した。保育園活動(保活)経験者のアンケート結果をもとに、希望する駅周辺の“保育定員数”を独自集計して提供する。

セカンドキャリアを築くワーママに聞く(1)…研究職からWeb系在宅ワークに転身した理由 画像
保護者

セカンドキャリアを築くワーママに聞く(1)…研究職からWeb系在宅ワークに転身した理由

 新卒で酒造メーカーの総合研究所に研究職として入社し、結婚を機に8年間勤めていたその職場を退職した森本さん。ライフスタイルの変化にともなうワークスタイルの変遷、転機となった出来事やキャリア形成への思いを聞いた。

治療法がない「スマホ難聴」…WHO、推奨デバイスの国際規格を発表 画像
小学生

治療法がない「スマホ難聴」…WHO、推奨デバイスの国際規格を発表

 WHOは2019年2月12日、3月3日の国際耳の日(International Ear Care Day)に際して、ITU(国際電気通信連合)とともに、聴覚障害予防にあたってスマートフォンなどを含む機器の製造と使用に関する新しい国際規格を発表した。

成人年齢引下げ、4人に1人が「知らない」…男女で考えに差 画像
その他

成人年齢引下げ、4人に1人が「知らない」…男女で考えに差

 2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられることについて、4人に1人が知らない実態にあることが2019年2月14日、エアトリの調査結果から明らかになった。男性は「18歳でいい」が6割にのぼったが、女性は「18歳でいい」と「18歳は早い」に意見が分かれた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 108
page top